松山市立道後中学校 
〒790-0853 愛媛県松山市上市1丁目3-57
TEL 089-921-4207 FAX 089-933-9952

「英知・向上」の校訓碑 H29.3.14撮影

  

道後中学校日記アーカイブをご覧になれます。

当ページ右上の「日記アーカイブ」をクリック!!

 

平成30年度年間行事予定、月行事予定をご覧になれます。

当ページ上部の「行事予定」をクリック!!

 

学習支援ソフトを御利用ください!!
(下のバナー(マーク)をクリックしてください。ID等はお知らせ済みです。)

  

リンクしています!

(それぞれの名前をクリックしてください)

道後中PTAのHP

道後公民館のHP

湯築小学校HP

道後小学校HP

道後中学校日記

愛媛県総合体育大会及び吹奏楽コンクール壮行会他

≪愛媛県総合体育大会及び吹奏楽コンクール壮行会≫

  

  7月21日(土)から始まる「県総合体育大会」の壮行会が行われました。今回、道中からも約40名が出場予定です。炎天下にも負けない、さらに熱い戦いを期待しています。また、8月7日(火)には「県吹奏楽コンクール」も開催されます。表情豊かで、リズミカルな演奏を披露してくれました。日頃の熱心な練習の成果を、ぜひ発揮してください。 

 

≪前期生徒会本部役員任命式及び新旧生徒会役員引き継ぎ式≫

 

 生徒会旗を胸に、新旧役員がバトンタッチ。でも、生徒会旗は役員のものだけではありません。

 生徒全員がこの旗の元に集い、新たな「道後中学校」を創り上げていこうではありませんか。

 

 ≪表彰伝達式≫

 今回は、陸上部4名が表彰伝達を受けました。そして、校長先生から今日も温かいお話が続きます。「檀上で表彰されなくとも、各所で大活躍している道中生もたくさんいるのです」と。保護者・地域のみなさまも、どうぞ道中生全員を各所でお見守り続けください。

夏休み体験入学説明会(3年生)

 6時間目、体育館で夏休み中の体験入学の説明会を行いました。各高校で行われる体験入学には、多くの生徒が参加します。多い生徒で5校、だいたい3校程度希望している生徒が一番多くいました。実際に足を運んで、どのような雰囲気か自分の肌で感じることはとても大切なことだと思います。

 希望する高校に分かれて説明を受けました。集合時間、集合場所、持参物・・・。

 

 最後に先生方からの諸注意がありました。来週末から夏休みに入りますが、身だしなみまでもが夏休みモードに入っては困ります。各高校の先生方にお世話になるわけですから、身だしなみや立ち居振る舞いには十分注意し、道後中生らしく落ち着いた態度で参加してきて下さい。

 いよいよ1学期が終わろうとしています。3年生の皆さん、どのような気持ちで1学期最後を迎えますか?

個別懇談会

 10日(火)から行われている個別懇談会が最終日でした。今年度は、廊下には扇風機、教室にはエアコンという涼しい環境の中で懇談会が行われています。

 

 短時間ではありますが、1学期中のお子さんの様子や今後の課題などをお話しする良い機会となりました。

 また、3年生は主に進路のことを内容にした三者面談でした。生徒たちは、慣れない状況に少し緊張しながら、この面談に臨んでいるようでした。終わった後は、すっきりした明るい表情で帰っていく様子も見られました。この夏は、本格的に頑張らないといけませんね!

 お忙しい中お越しいただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。夏休みもより良く過ごせるように、引き続き御家庭での声掛けをよろしくお願いします。

ブロック結団式

 3時間目、体育大会のブロック結団式が行われました。本日の天気は晴れ!午前中の体育館の温度は28度と熱中症には十分注意が必要な暑さでした。・・・ちなみに午後はもちろん30度超えましたよ。

 しかし、今日はそれよりも熱い道中生。今日まで着々と準備を進めてきた3年生を中心に、ブロック結団式で盛り上がり、体育館は熱気に満ちあふれました。全校生徒が各ブロックに分かれてパフォーマンスの練習を行い、順番に披露し合いました。どのブロックも工夫を凝らした内容で、一致団結し、良いスタートを切ることができました。汗だくになって、ブロックを仕切る3年生が非常に印象的でした。これらの活動を通して成長していく彼らの姿を見るのが、今後とても楽しみです。

 ブロック制になり、今年で3年目です。道後中の伝統をまさに今、作り上げているところです。3年生があれこれ工夫し、後輩たちをまとめ、大変な思いを経験しながら全校生徒でより良い体育大会が作られていくことを期待しています。

    今年度の体育大会スローガン

「旭日昇天(きょくじつしょうてん)~新たに刻め 5つの輝跡~」

2年生 命の授業

 東消防署から救急救命士の方をお招きして、二年生が「命の授業」として心肺蘇生法を学びました。
心臓停止の場合、停止から3分間で死亡率が50%になりますが、救急隊員の到着は119番通報から全国平均8分とされています。そのため、初期対応が非常に大事になります。
 もしものとき、救急救命士や医師の元に傷病者を届けるまでの間に、自分たちが行わなければならない必須の技能ということを自覚し、終始真剣な表情で受講しました。
胸骨圧迫のコツやAED使用の手順を班で確かめ合いながら学習していました。
 本日の学習で、そばにいる人や大切な人が倒れたとき、すぐに助けることができるように、愛するスポーツで亡くなる人が一人でも少なくなるようになることを願っています。