道後中学校日記

道中祭PART④ 合唱コンクール2年生

 合唱練習の初めの頃は、大丈夫かなと感じるクラスが多かったです。しかし、練習を重ねるにつれ、音もリズムも揃うようになり、そして何よりも気持ちが一つに揃っていきました。本番では、どのクラスも心に響く良い合唱でした。

                                 (2年学年主任の先生より)

 ハーモニーが力強い。メロディーが一本化され、聴き手によく響く歌に仕上がっている。また指揮とよく合っている。

                                      (審査員の先生より)

道中祭PART③ 合唱コンクール3年生

 平成最後の年の4月に出会い、修学旅行・体育大会で共に支え合い活動してきた仲間。学級のみんなと一緒に歌う最後のステージ!道後中伝統の「椰子の実」と「そのひとが歌うとき」をどう歌い上げるかという課題に向けて、一人ひとりが頑張っている様子が見えました。

 また、学年展示(修学旅行記・国際理解レポート)では、保護者や下級生がレポートの内容を見て「詳しくまとめているね」等の声が聞こえました。学習した内容が、読み手に伝わっていました。丁寧に制作することができました。

 生徒会・水軍ソーランでは、3年生としての最後の発表の場でした。自分の役割を自覚して、活躍してくれました。

 次は、連合音楽会があります。9日(金)15:06(予定)に松山市市民会館で学年合唱2曲を披露します。道後中学校の代表として、3年生の笑顔で素晴らしい歌声を会場の皆さんに響かせましょう。(3年学年主任の先生より)

 

 男声の低音は重厚で大人っぽく、女声はクリアでキラキラしていた。また、それらが合わさり、とても良い合唱になっていた。ラストの聴かせるところでは、緊張感を持って歌えていた。今まで集中して練習してきたのがよくわかった。

                                      (審査員の講評より)

【3年結果】 最優秀賞 2組

        優秀賞 1組  おめでとう! 

道中祭PART② 合唱コンクール1年生

 1年生からのスタートでした。直前の休憩時間には最後の練習を行い、クラス全員で士気を高めようとする様子が見られました。担任の先生も温かくそばで見守っていましたが、・・・本当は一番ドキドキしていたのかもしれませんね。

 

【1年生の結果】最優秀賞 4組

         優秀賞 1組   おめでとう!

 

 中学校に入って初めての合唱コンクール。最初のうちは、学級での練習がなかなかスムーズにいっていませんでした。徐々に指揮者やパートリーダーなどの、リーダーとしての自覚が芽生え、学級が一つにまとまっていったように思います。

 本番の合唱では、緊張しながらも、それぞれの学級の良さを出し、歌いきることが出来たと思います。

 その後、2・3年生の素晴らしい合唱に触れることができ、学ぶべきことの多い合唱コンクールとなりました。

                                    (1年学年主任の先生より)

 

 審査員の先生からは、声のバランスや言葉の切り方、アクセントの入れ方が良いということ、また言葉がクリアで、強さと優しさや温かさのある素晴らしい合唱に仕上がっていたと褒められました。

道中祭PART①

 「千紫万紅~見て・聴いて・感じて 道中文化再発見~」のテーマのもと、道中祭が行われました。2学期が始まり、体育大会など大きな行事もあって忙しい毎日でしたが、道中祭実行委員さんが中心となり、少しずつ準備を進めてきました。

つづく・・・

道中祭リハーサル

 放課後、体育館では明日の準備リハーサルに追われていました。

 水軍・ソーラン同好会は、立ち位置や動き方を入念に確認していました。講師の方が熱心に指導してくださっています。明日は「道後中学校」というネーム入りの格好良い黒の法被を着て、威勢よく踊ります。

 

 生徒会執行部のメンバーです。オープニングや午後のステージ発表でのブロック対抗道中祭クイズのリハーサルを行って最終確認をしていました。機器のセッティングなどとても忙しそうでした。

 

 これは吹奏楽部のリハーサル風景です。何やら楽しくかわいい曲からのスタートでした。明日をお楽しみに~♪

 

 展示コーナーも準備を整えていました。美術や書道作品、授業用ノートなど様々なものが展示されています。

 美術部の部屋は、特別棟の1階の第一技術室です。素敵な作品がズラリと並んでいました。

 体育館の向こうの剣道場には、1、3年生の美術作品が展示されています。今年は椅子の上にきれいに並べられていました。ぜひ足を運んでご覧ください。