メインメニュー
学校紹介
学力の定着・向上のために
道後中日記のカテゴリー
これまでの道後中日記

2017年1月1日(日曜日)

伊佐爾波神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 18時28分20秒

 伊佐爾波神社は、夕方になっても多くの参拝客で賑わっていました

DSC05886.jpg DSC05885.jpg DSC05880.jpg DSC05883.jpg DSC05882.jpg DSC05881.jpg DSC05884.jpg

 去年は1月1日の午前中に訪れて、階段に並ぶ人々を見て参拝をあきらめたので、今年は夕方に訪れてみました。しかし、やはり階段に行列!伊佐爾波神社が、地域だけでなく「愛媛松山道後」の神社であることを実感しました。
 それでも、地域の方々が屋台を出してぜんざいや甘酒を振る舞っておられました。
 今の子どもたちにも、そんな風に地域を大切に思い、地域を大切にできる大人に育ってほしいと思いました


中嶋神社と湯神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 17時59分37秒

 市内電車(路面電車)の道後温泉駅から伊佐爾波神社に向かう途中の左に見える石段を上がり、湯神社中嶋神社を覗きました。

DSC05887.jpg DSC05895.jpg DSC05889.jpg DSC05893.jpg DSC05891.jpg DSC05894.jpg

 道後温泉のすぐ裏手にあたる場所で、夕方に覗いたのですが、ここは伊佐爾波神社と違い、参拝の方々や観光客の方々は限られていて、とても落ち着いた雰囲気でした
 道後温泉の湯はこれまでに何度も止まりましたが、この湯神社で祈祷(きとう)して復活してきたのだそうです。特に昭和の南海大地震で湯が止まった際にここで祈祷し、3月19日にまた湯が出始めたことを祝って、で今も3月19日に「道後温泉祭り」が行われています。また、中嶋神社は、「お菓子」の神様をおまつりしているのだとか。


松山神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 17時48分57秒

 今年も元旦の松山神社を訪れました

DSC05871.jpg DSC05875.jpg DSC05876.jpg DSC05877.jpg

 昼前でしたが、本殿内では、厄除(やくよ)けの神事でしょう、太鼓が鳴る中で何人もの方が頭(こうべ)を垂れておられました。とても落ち着いた雰囲気の初詣風景でした。

DSC05873.jpg DSC05878.jpg

 本殿の前では、おみくじやお札を買い求めておられる方は、地元の方でしょうか、里帰りの方でしょうか、懐かしそうに話しておられました。おみくじは、菅原道真にゆかりのある「飛び梅」の木にも結ばれていました。
 「秋祭り」の時もそうでした(緑の文字をクリックすると、その日のページにジャンプします。)が、特に祝谷地区を中心とする「地域の方々がつながり合う場所」として、松山神社はとても大切にされています

 

 


2016年12月22日(木曜日)

つながることができる(2学期終業式より)

カテゴリー: - dogo01 @ 12時13分41秒

 2学期終業式で、自分ががんばれない時もある。それでも、誰かががんばってくれている」と時間することで、私たちはつながっていられる。」と話しました。今日もしっかり聞き、素直に受け容れようとしてくれる子どもたちに感謝しています。

5no2_3.jpg 10_26.jpg

(下の。(小さな「道中だより」をクリックすると拡大します。) (この「道中だより」は、生徒を通じてご家庭に配布したものの一部です。) 

 H28doutyuudayori41gouyori.jpg 

 新しい年に、子どもたちが自分らしく希望に満ちて学校に戻ってきてくれることを心待ちにしています保護者の皆様、今年も道後中を応援いただきありがとうございました2017年も、どうぞよろしくお願いします


2016年12月18日(日曜日)

道後公園インルミネーション

カテゴリー: - dogo01 @ 09時52分56秒

 帰宅途中に子規記念博物館横の道後公園のきらめきに惹かれて立ち寄ってみました

DSC05463.jpg DSC05464.jpg DSC05469.jpg DSC05465.jpg DSC05466.jpg DSC05467.jpg

 公園の北側にイルミネーションが施されています。近づいて見てみると、一つ一つに笑顔と書き込みがあって、何ともいえないほんわかした気持ちになりました

DSC00623.jpg DSC00625.jpg DSC05470.jpg DSC05471.jpg DSC05474.jpg DSC05475.jpg DSC05477.jpg DSC05482.jpg

 道後温泉の湯釜のあたりは「光のトンネル」のようになっていて素敵でした。
 調べてみると、これも今年度実施中の「道後アート2016」の「光の実」という参加型の催しのようでした。(ピンクの文字をクリックするとそのHPにジャンプします。)観光客と思われる親子連れやちょっと立ち寄ってみたかのような方たちの姿も見られました。


2016年12月9日(金曜日)

一人一人の進路保障のために(進路指導委員会)

カテゴリー: - dogo01 @ 13時25分26秒

 昨日(12月8日(木))、第2回進路指導委員会を開催しました

DSC05308_1.jpg DSC05309_1.jpg DSC05310.jpg DSC05312.jpg

 3年生にとっては、私立高校の受験先や学科の確定など、具体的な進路選択の大切な時期が来ました。そのため、この会では、一人一人の進路希望に合わせて、その適性や合否の可能性、について審議しています。
 3年部の先生たちは、子どもたちの就職や進学についてすでに何度も何度も話し合ってきましたが、今回は、3年生に関わるすべての先生に出席していただき、5時間かけてやっとのことで終えました。さらに、会の後も3年部の先生方はに懇談の方法や生徒・保護者の皆様への伝え方等について話し合いました。(3年生が先生たちのこの会の様子を見れば、どのくらい担任をはじめとする先生たちが、本気で自分のことを考えていてくれるかがよく分かるのですが・・・・。)
  これから、体も頭も心も重い日々が続きそうですが子どもたちの未来への第1歩と信じてがんばります!!
 来週から個別懇談会(13日(火)〜15日(木))です。(懇談での受験や就職に関する情報提供は、この進路指導委員会によるもので、担任一人の判断で行ってはいません。)子どもたちの次の扉を開け、可能性を広げるために、御協力をよろしくお願いします



2016年11月21日(月曜日)

校訓碑の表情と四季

 本校ホームページのトップページには、正門の校訓碑を掲載していますが、平成27年4月から、季節の移り変わりに合わせて撮り直して掲載しています。平成27年の8月11日にこれをとりまとめて、4〜8月分を掲載してから、少しずつ追加しています。)

 はじめの1〜8枚目は、今年度(平成28年度)のものです。27年度と同じように見えて、やはり違いがあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

 1枚目の写真は4月15日の朝7時過ぎに撮りました。校訓碑は朝日を浴び、サツキは緑に変わり始めて輝いて見えます。
 2枚目の写真は5月31日に撮りました。昨年ほどはサツキの花が咲いていないようです。毎年同じというわけではないのでしょうね。
 3枚目の写真は6月19日に撮りました。梅雨のシーズンです。雨が上がったばかりで校訓碑が濡れています。
 4枚目の写真は7月26日の8時半頃に撮りました。日差しが強くなっていることが分かります。
 5枚目の写真は8月23日の朝7時過ぎにに撮りました。朝日を浴びた校訓石碑の凹凸がよく分かります。
 6枚目の写真は9月19日の昼頃に撮りました。今年は体育大会が雨や台風のため延期に次ぐ延期で苦労しました。
 7枚目の写真は10月23日の昼頃に撮りました。校訓碑は北校舎の北側にあるために日陰になってしまいます。
 8枚目の写真は11月21日の11時前に撮りました。10月の写真とあまり違いが感じられません。去年よりも、暑い時期が続いたせいでしょうか。
 9枚目の写真は12月18日の10時過ぎに撮りました。去年の同時期よりまだ緑が濃いように見えます。
 10枚目の写真は1月16日の13時半頃に撮りました。今回もやはり、去年の同時期よりまだまだ緑が濃いようです。
 11枚目の写真は2月12日の15時半頃に撮りました。サツキは茶色になりましたが、やはり去年ほどではありません。
 12枚目の写真は3月14日の14時前に撮りました。サツキにやや青みが増してきたように思えます。
 1年間撮ってきましたが、それぞれの季節に校訓碑とそのまわりの木々に「いのち」を感じます子どもたちの成長をこれからも温かく見守ってくれることでしょう

 次の1〜11枚目は、昨年度(平成27年度)のものです

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

 1〜4枚目の写真は、4月・5月・7月・8月のものです。5月のサツキ満開の頃が特徴的ですが、他の時期にも校訓碑の表情には違いがあるかも知れません。(6月の梅雨時の様子を撮影し忘れたのが悔やまれます
 5枚目の写真は9月の雨上がりに撮りました。石積みの上のサツキの青さが際立っているようです。(9月6日に掲載しました。)
 6枚目の写真は10月の薄暗くなり始めた頃に撮りました。緑がさらに濃く感じられました。(10月7日秋祭りの日の夕刻です。)
 7枚目の写真は11月の昼前に撮りましたが、校舎で日陰になるため、ひんやりとしています。サツキ(写真の下方、石垣のすぐ上)の後方が刈り取られてスッキリしています。
 8枚目の写真は、12月上旬の午後に撮りました。校訓碑前のサツキの緑が弱まり、枯れ枝のような茶色が強くなっています。
 9枚目の写真は、新年1月1日に撮りました。サツキの緑が一層減りました。春への準備段階でしょうか。
 10枚目の写真は2月7日の16時半頃に撮りました。1月と同じように見えますね。
 11枚目の写真は3月13日の昼前に撮りました。サツキに芽が出始めているので、少し緑がかってきているように見えます。


2016年11月20日(日曜日)

第19期卒業生ソフトボール交流

カテゴリー: - dogo01 @ 16時43分34秒

 第29期卒業生(昭和60年度卒)の野球部・ソフトボール部OBによる交流試合が、本校グランドで行われました

DSC04804_2.jpg DSC04783_3.jpg DSC04802_1.jpg DSC04784_2.jpg DSC04786_1.jpg DSC04787_1.jpg DSC04789_2.jpg DSC04791_2.jpg DSC04792_1.jpg DSC04794_3.jpg DSC04795_3.jpg DSC04798_3.jpg

 女性も出場しての試合でしたが、打撃ではどなたもミートの力が高く、ヒットはもちろんホームランもありました。しかし、守備は下半身が不安定でボールに追いつききれない場面もありました。2チームに少し足らなかったところには、皆さんの息子さん(中学生)も助っ人として活躍してくれたようです。試合結果はさておき、笑顔と笑いの中で楽しい時間を過ごしておられました

DSC04805_2.jpg DSC04806_2.jpg

 また、さすがスポーツマン・スポーツウーマン!!試合の後は、グランド全体の整地や片付けをとてもていねいにしておられました

 この交流戦は、2011年から始まり、今回で4回目だそうです。40歳代後半になっても仲間が集まり汗を流すことができる「つながり」はとても素敵です今の子どもたちにも、皆さんのような「つながり」「絆」を、ぜひ大切にしてほしいものです。(試合後の記念写真は、クリックすると拡大します。)


「これからに生かすために」小中連携推進授業指定校発表その4

カテゴリー: - dogo01 @ 09時49分25秒

 11月18日(金)、松山市の指定研究「幼保小中連携推進事業」の授業公開の後、本校体育館で研究協議を行いました

2_54.jpg 5_42.jpg 6_39.jpg 7_27.jpg 8_25.jpg 9_20.jpg 10_19.jpg 13_17.jpg 

 参観された先生方から、公開した授業への質問や感想をいただくとともに、それまでの取組を説明したり、今後の方向性について、積極的に意見を交わしたりしました。先生方、御協力いただいた皆様、大変お疲れ様でした

11_28.jpg 12_25.jpg 15_15.jpg 16_13.jpg

 この研究は、平成26〜29年度までの4年間の指定を受けています。道後小・湯築小・道後中の教職員は、来年度に向けて、「指定研究期間が終わってからも実施可能な連携、指定の有無にかかわらず継続すべき連携」を明確にしなければなりません。目的である「私たちの子どもたちの、義務教育9か年を通じての健全な成長、健全な大人への成長」のために小中学校が本音で交流できる関係作りに努めます


2016年11月19日(土曜日)

「小6と中2で」小中連携推進事業指定校発表その3

カテゴリー: - dogo01 @ 17時04分30秒

 昨日(11月18日(金))の松山市の指定研究「幼保小中連携推進事業」の授業公開「午後の部」は、本校体育館で行いました

DSC04686.jpg IMG_8911.jpg IMG_8910.jpg IMG_0816.jpg

 午後の部では、2年生が道後小・湯築小6年生に「職場体験」の成果をポスターセッションで発表しました
 ポスターセッションとは壁などに報告をまとめた
ポスターを貼り、報告を聞きに来た方に説明を行う方法です。一度にいくつかの場所で説明を行い、聞き手は自由に場所を選びます。今回、体育館には、24か所で中2の半分が発表・説明を行い、残り半分と道後・湯築小6年生(の半分)が聞き手となりました。(・・・・前回のリハーサルの際に、道中生は逆の立場を務め、小学生はほかの半分の6年生が来校したそうです。)

DSC04689_1.jpg DSC04690_1.jpg DSC04698_1.jpg DSC04694_1.jpg DSC04706.jpg DSC04708.jpg DSC04711.jpg IMG_8904.jpg DSC04692_1.jpg DSC04699_1.jpg IMG_8924.jpg IMG_0851.jpg 

 さすが中学2年生!ポスターの表現に注意したり、実物やモデルを使ったり、クイズなどで聞き手を参加させたりするなど、「分かりやすく伝える」工夫が随所に見られました聞く側の2年生や6年生も、メモするだけでなく積極的に質問できていてすばらしかったです
 何より、中学2年生が小学生に説明したり、質問に分かりやすく答えようとするときの表情が、どの子も6年生の時の最高学年だった頃のような優しくやや「大人びた」表情であったことが印象的でした
 道後小・湯築小・道後中はもちろんのこと、他校や教育委員会から来校された先生方も、うなずきながら見ておられました充実した発表をしてくれた2年生の皆さん、ありがとう


「6年生と一緒に外国語活動」小中連携推進事業指定校発表その2

カテゴリー: - dogo01 @ 16時20分09秒

 昨日(11月18日(金))は、小5と中1の交流の後、本校の英語科の先生が、道後小6年生の外国語活動の時間にゲストティーチャーとして参加しました

DSC04647.jpg DSC04648.jpg DSC04650.jpg DSC04651.jpg DSC04652.jpg DSC04653.jpg

 「スペシャルスポットを紹介しよう」のテーマで、それぞれが自分の行ってみたいところを紹介しました。どの生徒もタブレットをとても上手に操作して写真を示し、「I want to go to〜」と英語を駆使してお互いに説明し合いました。
 様々な場面やグループ学習には本校の英語の先生やALTの先生も会話に加わり、楽しく学習を進めることができました担任の先生の笑顔と明るさにみんな染まったかのように、ビックリするほど元気いっぱいに英語を使うことができました中学校での勉強で、英語力は一層向上することでしょう


2016年11月18日(金曜日)

「小5と中1で」小中連携推進事業指定校発表その1

 松山市の指定研究「幼保小中連携推進事業」の授業公開を行いました

DSC04590.jpg DSC04591.jpg DSC04592_1.jpg 

 午前中には、1年生が道後小学校で、道後小・湯築小5年生と「3校交流集会」を行いました集会のテーマは、「道後再発見 世界へはばたけ!!OMOTENASIの心」私たちの地元であり、愛媛、日本を代表する観光地でもある道後を調べたり体験したりしたことを、学校を越えて伝え合う場です。「伊予の湯」という曲調に味わいのある歌を3校が一緒に歌ってから、それぞれの発表が始まりました。

DSC04603_1.jpg DSC04605.jpg DSC04606.jpg

 道後小5年生は、未来の道後のために、パンフレットや、「ポケモンGO」のようなスマホゲームの制作を提案してくれました。

DSC04608.jpg DSC04610_1.jpg DSC04612.jpg

 湯築小5年生は、道後村めぐりなどの経験を生かし、劇や紙芝居などで道後商店街案内に挑戦してくれました。両校とも、さすが高学年、発表に動きがあっていきいきと表現してくれました

DSC04614.jpg DSC04616_1.jpg DSC04618_1.jpg DSC04621.jpg DSC04623.jpg DSC04625_1.jpg

 本校の1年生は、「総合的な学習の時間」に道後をさらに深く追求した成果を発表しました。やはり中学生、小学生とはまた違った深みのある内容を、劇やクイズなどを盛り込んで発表してくれました。(特に劇中のしらさぎはみんなに大受けでした。)

DSC04633.jpg DSC04634.jpg DSC04641.jpg DSC04642.jpg

 発表の後、全員で「ボンダンス」を楽しく踊りました。(4年前に道後商店街の青年部が作り広げ始めたもので、道後温泉本館を盆踊りのやぐらに見立ててそのまわりを踊るものだそうです。)小学生も中学生も一緒に楽しんだ後、今日の集会の感想をグループで述べ合いました。お互いが笑顔で交流できた、楽しい集会となりました
 そして午後は、本校を会場として、2年生が活躍しました。(それは明日紹介します。)


2016年11月17日(木曜日)

先生たちも猛勉強中!!(校内研究授業:英語・音楽)

カテゴリー: - dogo01 @ 18時47分00秒

 10月下旬から、多くの教科で重点的に校内研究授業を実施しています

13_16.jpg DSC04520.jpg DSC04551.jpg

 1枚目の写真は10月25日(火)の2年生英語科、2・3枚目は、それぞれ11月14日(月)の2年生保健体育科と11月15日(火)の1年生社会科の授業の様子です。(緑の文字をクリックすると、それぞれ、このことについて掲載した、「校長室より」のカテゴリーの、「研修・学校運営」のページにジャンプします。)

CIMG9071.jpg DSC07754.jpg DSC08064.jpg

 今日も、2年音楽科の研究授業を行いました(1枚目の写真。詳細は後日紹介します。)。先生たちは、この2学期中にすべての教科で研究授業を実施する予定です。
 「多忙な中で、どのように効率的に効果的な研修を行い、先生たちの授業力を高めるか!?」研修主任の先生を中心に、苦労しながらも、どの先生も奮闘中です(2・3枚目は、6月28日(火)に実施した道徳の研究授業後の反省会。緑の文字をクリックすると、その日のページにジャンプします。)1学期の)。その頑張りは、期末テスト勉強に向かっている生徒たちに、決して負けてはいませんよ!!


2016年11月16日(水曜日)

授業力を高める(保健体育科・社会科)

カテゴリー: - dogo01 @ 16時41分31秒

 11月14日(月)・15日(火)に、それぞれ保健体育科・社会科の研究授業を2年生で行いました

DSC04516.jpg DSC04518_1.jpg DSC04519.jpg DSC04524.jpg DSC04520.jpg DSC04526_3.jpg DSC04527.jpg DSC04528.jpg

 保健体育科では「バドミントン」を行いました。「様々なストローク(振る・打つこと)ができるようになる。」ことを目指しています。先生が、途中で生徒のポイントを確認したり、やって見せたり、上手な生徒のプレーを紹介したりしながら技能の向上を目指しました。何より、バドミントンの簡易ゲームに笑顔で挑戦している2年生が素敵でした

DSC04545.jpg DSC04546.jpg DSC04551.jpg DSC04556.jpg DSC04555.jpg DSC04552.jpg CIMG9059.jpg CIMG9063.jpg

  社会科では、「ヨーロッパ州」を学習し、「ヨーロッパ州でどんなことが国境を越えて行われているか。なぜそうなったのか。」を追求しました。先生が、EUの通貨であるユーロ紙幣や硬貨、パスポート(現物)を子どもたちに見せてくださいました。子どもたちは、本物に目を輝かせていました
 どちらの授業でも、放課後、授業者の先生と参観の先生たちとで、「研究のねらいについて達成できたか?」「問題点・改善すべきところはどこか?」「良かったところはどこか?」などについて、本音で話し合いました
 今回の授業者は20代30代の若手の先生でしたが、子どもたちの学力向上のためには、年齢に関係なく、教師自身が指導力を向上させなければなりません忙しい中でも、前向きに自分を高めようとしてくれる先生たちがありがたいです。(次回はベテランが研究授業をします。)


プロフェッショナル

カテゴリー: - dogo01 @ 09時03分08秒

 道中祭にお招きした、道中の卒業生でプロのフルート奏者として御活躍中の高市様からお手紙が届きましたので紹介します。(下の小さな道中だよりをクリックすると拡大します。)

doutyuudayori35goutakaitisannnnotegami.jpg

 「プロフェッショナル」とはどういう人のことを指すのか学ばせてくれるお手紙でした。本当にありがとうございました
 また、今年の道中祭にあたっては、高市さんだけでなく、同期(平成2年度卒)皆様に様々な場面で助けていただき、大変助かりました御協力ありがとうございました


2016年11月11日(金曜日)

「生徒会の歌」後日談

 「この楽譜は、私が書きました。」先日、保護者の方から新たに申し出があってビックリしました

seitokainoutakasitogakuhu.jpg

 彼女は、平成元年度卒業生。高市さんたちの1年上の生徒会役員だった子(今は本校生のお母さん!!)です。彼女が2年生の時に書いた楽譜が上の資料です(クリックすると拡大します。)。「当時の生徒会担当の先生がギターが堪能で、ギターを弾きながら生徒会の子たちと一緒に作曲されたと思います。私が書いたのは左側。右側は、その先生の字とイラストだと思います。」とのことでした。

seitokainoutanoimi1.jpg seitokainoutanoimi2.jpg

 上は、先日道中祭に来校された音楽・合唱を指導されておられた師尾先生からいただいた資料で、「生徒会の歌の歌詞の意味」がしっかりとまとめられています。これによると、この生徒会の歌は、最初は「我らの時代」ではなく、「道中讃歌」という名前になる予定だったようです。

 師尾先生の別の資料には、「昭和63年度の生徒会が全校生徒から歌詞を募集し、まとめたものが『生徒会の歌』です。」と書かれていました。昭和63年度の2年生(前述のお母さんの年代)と1年生(高市さんたち)が中心に作り上げたということでしょうか。
 昨年の体育大会から今年の道中祭にかけてつながってきた生徒会の歌「我らの時代」の誕生の様子が、すべてではありませんが、さらに明らかになってきました


2016年11月9日(水曜日)

閉会にも関わってくださいました。

カテゴリー: - dogo01 @ 10時42分24秒

 平成2年度卒業生の皆さんが、「道中祭(11月3日(木)実施)」の閉会にも大きく関わってくださいました
 

IMG_7832.jpg IMG_0437_1.jpg IMG_7837.jpg IMG_7844.jpg DSC02946.jpg IMG_0335.jpg

 閉会行事の後、創立60周年を記念して、空から全校生徒と先生たちを撮影しました。
  これについては、高市さんと同期の平成2年度卒業生の方が、快くドローンでの撮影に協力してくださいました。  
 今秋の「松山道後御輿の鉢合わせ」の撮影を公式に任された方で、今回も鉢合わせ同様、国土交通省の許可申請等の煩雑な手続きもすべてしてくださいました。本当にありがとうございました。(撮影した写真は、後日子どもたちへの還元をする予定です。)
 道中祭本番だけでなく、今日に向けて、子どもたちが同窓生など、様々な大人たちと交流できたことは、これからの子どもたちの学校生活や将来の生き方を、より豊かなものにしてくれることでしょう

 なお、今回関わってくださった平成2年度卒業生の有志の皆様は、その夜にもミニ同窓会を開かれました。(当時の学年主任の先生も出席されました。)また、来年の1月2日(月)には、正式に同窓会を開催するそうです


2016年11月8日(火曜日)

感性を高める(道中祭校長挨拶)

カテゴリー: - dogo01 @ 08時40分35秒

 平成28年度道中祭が終わりました。昨年も今年も、道中祭には校長挨拶の場を設けませんでした。(子どもたちの活動の時間を優先させたかったのです。)
 昨年もそうでしたが、合唱コンクールの表彰の後に、全校生徒に感想を話しましたので、紹介します。(もっと褒めたかったのですが、途中で、厳しい口調で話したこともありました。)

8_3.jpg H28doutyuusaikoutyouaisatu.jpg

 子どもたちに、感性の豊かな人に育ってほしいものです。そして、これからの時代を生きる中で、いろいろな特性を持つ人を、快く肯定的に受け容れることのできる人に育ってほしいと願っています


2016年11月7日(月曜日)

高市さん(平成2年度卒)、吹奏楽部と共演する。

カテゴリー: - dogo01 @ 18時03分32秒

 11月3日(木)に開催された「創立60周年記念道中祭」ステージ発表(午後の部)のメインである吹奏楽部による演奏に、プロフルート奏者(本校平成2年度卒業生)の高市紀子さんが加わってくださいました

1_57.jpg 2_48.jpg 3_47.jpg DSC04277_1.jpg

 高市さんは、まず、「フルート四重奏」に加わってくださいました。高市さんと一緒にフルートを吹く生徒はもちろんのこと、それを聴く生徒も先生も保護者の皆様も、少し緊張して文字通り「耳を立てて」聴こうとしました。けれども、そんな緊張感はすぐに消えて、心地よい音色とその響きに引き込まれてしまいました

5_40.jpg 6_37.jpg 10_17.jpg 11_26.jpg  

 そして、吹奏楽部全員(1・2年生)と高市さんで、ポピュラー曲「君の瞳に恋してる」を演奏しました。

4_44.jpg 6_36.jpg 5_39.jpg 9_18.jpg 

 演奏の途中で、顧問の先生が高市さんとおしゃべりし、高市さんが、フルート奏者になるきっかけや周りの方々に支えていただいたことなど、中学生に分かりやすく、そして優しく話してくださいました。さらには当時の同級生だった本校の先生の中学生時代についても語ってくださったので、会場が笑いに包まれる場面も何度もありました

13_15.jpg 12_23.jpg
 それにしても、「質の高い音楽」「トッププロの生の演奏」には、誰もが惹き付けられました。「本物」に触れる機会を得られた幸運と、道後中の卒業生という縁、つながりに感謝します。・・・・「もっと聴きたかった」が本音でした
素敵な時間をありがとうございました


2016年11月5日(土曜日)

道中祭に平成2年度卒業生関わる!

カテゴリー: - dogo01 @ 16時08分05秒

 11月3日(木)に開催された「創立60周年記念道中祭」(文化祭)での開幕イベントに、生徒会が、平成2年度卒業生と対談しました

DSC04080.jpg IMG_8305.jpg IMG_8313.jpg DSC04090.jpg RIMG8059.jpg IMG_8322.jpg IMG_8324.jpg IMG_7722.jpg

 まず、生徒会役員が、平成はじめの頃の、「合唱の道後」と呼ばれた時代の様子を紹介し、その頃に「生徒会の歌」誕生に関わった方たちとの対談を行いました。当時の合唱部のコンクール映像が音声入りで紹介され、その質の高さに感激しました。また、今回のゲスト、フルート奏者の高市さんに加え、当時の合唱部部長であった丹下さん、現在の本校で勤務しておられる皺先生からお話を伺うことができました。この生徒会の歌「我らの時代」は、26年前に生まれ集会などで歌われていたたものの、もう長く歌われていなかったのですが、この対談の後、全校生徒で歌いましたこれを機会に、これからの本校の生徒総会や集会でまた歌うことを伝統として復活させ、ぜひ継続したいものです

IMG_8184.jpg

 この、「合唱の道後」の頃に合唱部や全校の合唱を、当時厳しくも熱く暖かく指導しておられた、師尾先生も今回の道中祭を御参観くださいました保護者の中にも当時の卒業生がおられ、旧交を温め合っておられました。(先生は、当時、この生徒会の歌「我らの時代」がどのようにしてできたのか、この歌がどんな意味を持っているのか、当時の資料を今も大切に持っておられ、今回それを提供してくださいました。後日紹介する予定です。)


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立道後中学校