メインメニュー
学校紹介
学力の定着・向上のために
道後中日記のカテゴリー
これまでの道後中日記

2017年2月28日(火曜日)

オリーブ(卒業記念碑その4)

 南校舎東棟の体育館側には、第59期卒業生(平成27年度)、つまり、昨春の卒業生の記念樹と記念碑が立っています。

DSC07824_1.jpg DSC07822.jpg IMGP4119.jpg IMGP4120.jpg

 昨年の3月、ここで約30人の3年生と先生たちが、オリーブ3本、トキワガマズミ2本、それからセイヨウイワナンテンやサクラソウ、パンジーなどを植えました。

DSC09539_1.jpg DSC09538_1.jpg DSC03813_1.jpg DSC03814_1.jpg

 そのオリーブは、春に白い花を咲かせました。花は夏には黄緑の実となり(1・2枚目の写真)、秋には黒く熟れました(3・4枚目)。今はまだ小さくて弱々しそうですが、きっと大きくしっかりと成長してくれることでしょう
 3年生たちがお父さんお母さんになった頃、この木々はどのようになっているでしょうかそういう再会がいくつも生まれることを楽しみにしています


石碑の謎

DSC04953.jpg DSC04952.jpg DSC04961_1.jpg
 図書館前の植え込み、南校舎に近いところの背の低い「カイヅカイブキ」の陰に小さな石碑が立っています。この石碑には「昭和50年3月25日(つまり昭和49年度(1974))」「第88回卒業記念五葉松」と刻まれています。石碑のそばのマツ(3枚目の写真)のことでしょうか。この石碑は今年60周年となった道後中のものとは考えられません。1887年を卒業1期生とする学校は!?道後小学校が設立されたのが明治23年(1890年)らしいので、少しずれるのですが、どうでしょうか。


卒業記念碑その3

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その3です。

DSC07817.jpg DSC07819.jpg

第18回卒業生の記念樹(昭和49年度卒)は、北校舎東棟の3年玄関裏、大きなメタセコイアのすぐそばのクロマツだと思われます。隣のサツキで隠れ気味の石碑がこれを指しているように思えるのです。日当たりも今ひとつで、自転車やバイクを置く時か清掃の時間くらいしか人目に触れてはいませんが、それでも少しずつ成長しています。

DSC07617_1.jpg DSC07618_1.jpg DSC07619_1.jpg

 2017年2月22日(水)、春らしい日差しを受けて体育館前の「ホルトの木」が輝いていました。この木は昭和60年度の卒業記念樹です。昭和50年から59年までの記念樹や記念碑は見当たりません。
 本校では、昭和50年(1975)に北校舎(本館)が新しくなり、昭和53年にさらに本館増築したことも関係しているのかも知れません。また、昭和59年に校訓碑が建立され、同年体育館が落成しましたから、昭和60年以降の4年間に新たに卒業記念樹・記念碑が植えられたのかも知れませんね。

DSC04882_1.jpg DSC04884.jpg DSC04891.jpg

  本校の第30期卒業生(昭和61年度卒業)の記念樹は、バックネット裏のモチの木(クロガネモチ)です。モチノキは東門のすぐそばにもありますが、赤い実を豊かにつけて、冬でも色鮮やかです。この木の皮をめくり水につけると粘着性が増すので、つぶして「トリモチ」として鳥やセミの捕獲に使われていたそうです。

DSC04887_1.jpg DSC04888_1.jpg DSC04894_1.jpg
 体育館に向かって左側の木はマキの木(イヌマキ)です。昭和62年度(第31期)卒業生の記念樹です。去年造園業者の方に名前を教えていただきました。名前を知ってから、住宅街を歩いてみると、家の庭にもよく植えられています。生け垣にもされるそうです。「知っていなければ気づきもしないことや物多いのだなあ」とあらためて驚きました。

DSC04895.jpg DSC04897_1.jpg DSC04896_1.jpg
 図書館前の庭園に昭和63年度(第32期)卒業生の記念樹が植えられています。セイヨウヒイラギです。この木は、クリスマスシーズンによく登場する木の一つ(ケーキなどにトゲトゲの葉と赤い実が乗せられる)ですが、おなじみのセイヨウヒイラギとは違い、葉っぱのトゲトゲは葉先の1カ所だけですが、同じ品種の一つだとか。11月末から12月頃には、実が赤くなります。


卒業記念碑その2

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その2です。

                                                                  

  第9期卒業生の記念碑(昭和40年度卒)は中庭にあります。後方の消火水槽は石碑よりも後にできたものでしょうから、以前の姿はよく分かりませんが、この記念碑が示すのは、そのまわりの石庭のことでしょうか?

                                

  第10期卒業生(昭和41年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期のすぐそばにある、小さくて背の低い石碑です。この碑がどの木を記念樹として示しているのかはよく分かりません。すぐ後ろの灌木でしょうか、その後ろの木でしょうか。手前でピンクの花を咲かせているツバキはまだ新しいように見えるのですが・・・・。

                                                                

  第11期卒業生(昭和42年度卒)の記念碑は、中庭の南校舎沿いにありますが、ナンテンの木(今は赤く紅葉している)に隠れていて気付かれないことが多いです。この石碑が示すのは、第9期の記念碑同様、その周辺の石庭全体でしょうか?今のところよく分かりません。さて・・・・!?

                                

 第12期卒業生(昭和43年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期・第10期・第20期とたくさんの記念碑・記念樹の立つ石組みの中にあります。この記念碑が示すのは、そばの「マキの木」のように思えるのですがどうでしょうか。


卒業記念碑(その1)

 本校の卒業記念碑を紹介します。

1_60.jpg

 図書館の北側に「第1回卒業記念」と記された石碑があります(第1回は昭和32年度卒)。これが、そばの木(何の木かな?)のことなのか、石灯籠のことなのか、周辺の庭園のことなのかはよく分かりません。

                                                                

 平成27年に本校の卒業記念碑を調べる際に、「第1回」と「第3回」はすぐ分かりましたが、「第2回卒業生(昭和33年卒)」の記念碑が見つかりませんでした。10月頃に古いアルバムを開いたところ、一枚の写真の下に「いてう(いちょう)の記念樹二本」と書いてあるのを見つけ、南校舎西棟グランド側のイチョウの木がそれである。と分かりました。写真の中の右側の木のそばに石碑らしきものがあるように思えて実際を見てみると、やはりありました。「道後中の歴史」とまた一つ出会えたような気がして、心が震えました

2_50.jpg 1_61.jpg

 写真は、校訓碑の北側にある第3回卒業生(昭和34年度卒)の記念碑です。この記念碑が示しているのは、このそばのキンモクセイ(金木犀)でしょう。秋にはオレンジの花が満開となり、強い香りを漂わせます。日本では芳香剤のような役割を果たしてきたそうです。

1_62.jpg 2_51.jpg
  第4回卒業生(昭和35年度卒)の記念碑が示しているのは、すぐそばのマツのようです。校訓碑のすぐ北側には、第3回・4回・第8期・10期・12期の記念碑が立てられています。「第〇回」「第〇期」と、揃っていないところがまた魅力的です。

1_63.jpg

 写真は、体育館の入り口付近にある第7回卒業生(昭和38年度卒)の記念碑です。(残存する記念碑のうち、第1回・3回・4回の記念碑の次に古い記念碑はこれのようです。)
 この記念碑は、記念樹等はなく石碑そのものが記念に設置されたのでしょう。「風雪春」と刻まれています。「風雪の春」と読むのでしょうか、それとも、右読みでしょうか。この文字の持つ意味も、どなたかに教えていただき、記録として残しておきたいものです。

2_52.jpg 1_64.jpg

 第8期卒業生(昭和39年度卒)記念碑は、第3回・第4回卒業生記念碑のそばにあります。この記念碑が示している記念樹は、きっと写真のカエデでしょう


2017年2月19日(日曜日)

ありがとう(卒業生からの贈り物)

カテゴリー: - dogo01 @ 14時10分33秒

 本校の卒業生が、木製のレーキ(グランドを整地するトンボ)3本を届けてくれました

DSC07552_1.jpg DSC07546.jpg DSC07545.jpg 

 このレーキを寄贈してくれたのは、聖陵高校建築科の3年生、卒業間近の2人です。
 2人とも、卒業後の進路も決まり、ゆとりのできた時間を生かして、母校である道後中学校のためにできることを考えて行動に移してくれたのです。軟式野球部に渡そうとしたら、園芸部の先生が、「1本園芸部用にください。とても助かります。」とのこと。3本とも、大切に使わせていただきます本当にありがとう

DSC07553_1.jpg

 昨年は、聖陵高校機械科の3年生である本校の卒業生が、リヤカー防球ネット鉄製のレーキ(トンボ)を作り届けてくれました(それぞれクリックすると、その時のページにジャンプします。)。卒業後も母校を大切に思ってくださる先輩がたくさんおられることがとてもありがたく、また、今回もきっと後ろから支えてくださったであろう、聖陵高校の先生方の御指導に深く感謝します。(写真中央は、建築科の先生)


2017年1月3日(火曜日)

懐かしい顔(平成2年度第34期卒業生同窓会)

カテゴリー: - dogo01 @ 18時18分57秒

 昨日(1月2日(月))、昼間に道後中での一次会を終えた第34期卒業生同窓会は、夜に道後山の手ホテルに場所を移して、二次会を行いました

DSC06029.jpg DSC06030_1.jpg DSC06031.jpg DSC06032.jpg DSC06033_1.jpg DSC06034_1.jpg DSC06035.jpg DSC06036_1.jpg DSC06037_1.jpg DSC06038_1.jpg DSC06039_1.jpg DSC06040.jpg DSC06041.jpg

 日中には出席できなかった恩師の方々も多数見えられました。第34期の会は、ほぼ10年おきに開いてきたそうで、今回は、様々な分野のリーダー的存在になったり、「父」や「母」になり家族を支える立場になったりしての出席の方が多かったのですが、それでも、「先生」の前ではやはり「生徒」のままの表情に戻る様子がとても可愛く、素敵な時間を過ごされました
 次回の開催は、また10年後でしょうか?幹事の皆様お疲れ様でした。「今回出席できなかった方も、ぜひ次回は!!」(幹事)とのことでした


2017年1月2日(月曜日)

あの頃に戻って(平成2年度第34期卒業生同窓会)

カテゴリー: - dogo01 @ 17時05分23秒

 第34期卒業生(平成2年度卒業)の同窓会が行われました


DSC05942.jpg DSC05947.jpg DSC05946.jpg DSC05945_1.jpg DSC02994_1.jpg DSC03011.jpg

 卒業して26年。約80名の41歳になる面々には、20歳代とはまた違う落ち着きやパワーが感じられるとともに、幹事さんたちが工夫を凝らして企画・運営しておられました

DSC05974_1.jpg DSC05977_1.jpg DSC05980.jpg DSC05982.jpg DSC05994.jpg DSC05996_1.jpg 
DSC05991_1.jpg DSC05999.jpg DSC06000.jpg DSC06004.jpg DSC06007.jpg DSC06012_1.jpg 
 中・高の中堅教員になっている方が同窓生を生徒に見立てて「理科」「学級活動」の特別授業を実施しました。魅力的な授業に加え、超久しぶりに「同級生と授業を受ける」ことそのものにウキウキ感が伝わってきました。・・・・普段は「我が子」が授業を受けている「お父さん」や「お母さん」も少なくないのですから!!

DSC06015_1.jpg DSC06016.jpg DSC06020.jpg DSC06023.jpg DSC06026_1.jpg DSC06028.jpg

 閉会では、プロとなった同級生によるトップレベルのフルート演奏、それも、普通のフルート演奏ではなく、まるで尺八に似た楽器の演奏のような、なんともいえない「胸に突き刺さるような」(司会の方の表現)演奏に、聴衆は身動きを奪われたかのようでした。また、20数年ぶりの校歌では、やや自信なさげではあるものの、皆さん懐かしそうに歌っておられました
 今日は、「一同窓会」にしておくにはあまりにももったいない!!とても濃い時間でした父や母になっても、今も道中生としてのつながりを大切にしておられる方々が多いことに感動しました。ありがとうございました
 なお、34期生は、夜にも同窓会二次会を開かれるそうです。


タイムカプセルを開封しました。(平成19年度第51期卒業生)

 第51期卒業生(平成19年度卒業)のタイプカプセル開封が行われました

DSC05901.jpg DSC05902.jpg DSC05904.jpg DSC05906.jpg

 2年生の時(平成18年度)に創立50周年を記念して、各学年が埋めたのですが、1・3年生は20歳の「成人式の時に」とし、すでに開封を終えたのですが、2年生は、「10年後に開封しよう」と約束していたのです。当時の2年生と先生、当時のPTA関係者合わせて80名を超える方々が本校を訪れてくださいました。(当時は1月3日に開封することにしたのですが、帰省している卒業生が仕事で戻っていくことを考えて、今日開封することになりました。)

DSC05907.jpg DSC05909.jpg DSC05914.jpg DSC05915.jpg DSC05917_1.jpg DSC05918.jpg DSC05920.jpg DSC05921_1.jpg DSC05924.jpg DSC05925_1.jpg DSC05928_1.jpg DSC05929.jpg DSC05932_1.jpg DSC05933.jpg DSC05934_1.jpg DSC05935.jpg

 無事に見つかったタイムカプセルは、図書館で開封され、当時の先生たちが、あの頃と同じように教え子の名前を呼び、教え子たちは「自分に宛てた手紙や作文」を、照れくさそうに、でもとてもうれしそうに受け取りましたアンジェラアキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の歌と重なり、心が震えました
 なお、この後、皆さんは、道後のホテルを会場に、あらためて同窓会を開いて親交を温め合うそうです。


2016年11月20日(日曜日)

第19期卒業生ソフトボール交流

カテゴリー: - dogo01 @ 16時43分34秒

 第29期卒業生(昭和60年度卒)の野球部・ソフトボール部OBによる交流試合が、本校グランドで行われました

DSC04804_2.jpg DSC04783_3.jpg DSC04802_1.jpg DSC04784_2.jpg DSC04786_1.jpg DSC04787_1.jpg DSC04789_2.jpg DSC04791_2.jpg DSC04792_1.jpg DSC04794_3.jpg DSC04795_3.jpg DSC04798_3.jpg

 女性も出場しての試合でしたが、打撃ではどなたもミートの力が高く、ヒットはもちろんホームランもありました。しかし、守備は下半身が不安定でボールに追いつききれない場面もありました。2チームに少し足らなかったところには、皆さんの息子さん(中学生)も助っ人として活躍してくれたようです。試合結果はさておき、笑顔と笑いの中で楽しい時間を過ごしておられました

DSC04805_2.jpg DSC04806_2.jpg

 また、さすがスポーツマン・スポーツウーマン!!試合の後は、グランド全体の整地や片付けをとてもていねいにしておられました

 この交流戦は、2011年から始まり、今回で4回目だそうです。40歳代後半になっても仲間が集まり汗を流すことができる「つながり」はとても素敵です今の子どもたちにも、皆さんのような「つながり」「絆」を、ぜひ大切にしてほしいものです。(試合後の記念写真は、クリックすると拡大します。)


2016年11月16日(水曜日)

プロフェッショナル

カテゴリー: - dogo01 @ 09時03分08秒

 道中祭にお招きした、道中の卒業生でプロのフルート奏者として御活躍中の高市様からお手紙が届きましたので紹介します。(下の小さな道中だよりをクリックすると拡大します。)

doutyuudayori35goutakaitisannnnotegami.jpg

 「プロフェッショナル」とはどういう人のことを指すのか学ばせてくれるお手紙でした。本当にありがとうございました
 また、今年の道中祭にあたっては、高市さんだけでなく、同期(平成2年度卒)皆様に様々な場面で助けていただき、大変助かりました御協力ありがとうございました


2016年11月11日(金曜日)

「生徒会の歌」後日談

 「この楽譜は、私が書きました。」先日、保護者の方から新たに申し出があってビックリしました

seitokainoutakasitogakuhu.jpg

 彼女は、平成元年度卒業生。高市さんたちの1年上の生徒会役員だった子(今は本校生のお母さん!!)です。彼女が2年生の時に書いた楽譜が上の資料です(クリックすると拡大します。)。「当時の生徒会担当の先生がギターが堪能で、ギターを弾きながら生徒会の子たちと一緒に作曲されたと思います。私が書いたのは左側。右側は、その先生の字とイラストだと思います。」とのことでした。

seitokainoutanoimi1.jpg seitokainoutanoimi2.jpg

 上は、先日道中祭に来校された音楽・合唱を指導されておられた師尾先生からいただいた資料で、「生徒会の歌の歌詞の意味」がしっかりとまとめられています。これによると、この生徒会の歌は、最初は「我らの時代」ではなく、「道中讃歌」という名前になる予定だったようです。

 師尾先生の別の資料には、「昭和63年度の生徒会が全校生徒から歌詞を募集し、まとめたものが『生徒会の歌』です。」と書かれていました。昭和63年度の2年生(前述のお母さんの年代)と1年生(高市さんたち)が中心に作り上げたということでしょうか。
 昨年の体育大会から今年の道中祭にかけてつながってきた生徒会の歌「我らの時代」の誕生の様子が、すべてではありませんが、さらに明らかになってきました


2016年11月9日(水曜日)

閉会にも関わってくださいました。

カテゴリー: - dogo01 @ 10時42分24秒

 平成2年度卒業生の皆さんが、「道中祭(11月3日(木)実施)」の閉会にも大きく関わってくださいました
 

IMG_7832.jpg IMG_0437_1.jpg IMG_7837.jpg IMG_7844.jpg DSC02946.jpg IMG_0335.jpg

 閉会行事の後、創立60周年を記念して、空から全校生徒と先生たちを撮影しました。
  これについては、高市さんと同期の平成2年度卒業生の方が、快くドローンでの撮影に協力してくださいました。  
 今秋の「松山道後御輿の鉢合わせ」の撮影を公式に任された方で、今回も鉢合わせ同様、国土交通省の許可申請等の煩雑な手続きもすべてしてくださいました。本当にありがとうございました。(撮影した写真は、後日子どもたちへの還元をする予定です。)
 道中祭本番だけでなく、今日に向けて、子どもたちが同窓生など、様々な大人たちと交流できたことは、これからの子どもたちの学校生活や将来の生き方を、より豊かなものにしてくれることでしょう

 なお、今回関わってくださった平成2年度卒業生の有志の皆様は、その夜にもミニ同窓会を開かれました。(当時の学年主任の先生も出席されました。)また、来年の1月2日(月)には、正式に同窓会を開催するそうです


2016年11月7日(月曜日)

高市さん(平成2年度卒)、吹奏楽部と共演する。

カテゴリー: - dogo01 @ 18時03分32秒

 11月3日(木)に開催された「創立60周年記念道中祭」ステージ発表(午後の部)のメインである吹奏楽部による演奏に、プロフルート奏者(本校平成2年度卒業生)の高市紀子さんが加わってくださいました

1_57.jpg 2_48.jpg 3_47.jpg DSC04277_1.jpg

 高市さんは、まず、「フルート四重奏」に加わってくださいました。高市さんと一緒にフルートを吹く生徒はもちろんのこと、それを聴く生徒も先生も保護者の皆様も、少し緊張して文字通り「耳を立てて」聴こうとしました。けれども、そんな緊張感はすぐに消えて、心地よい音色とその響きに引き込まれてしまいました

5_40.jpg 6_37.jpg 10_17.jpg 11_26.jpg  

 そして、吹奏楽部全員(1・2年生)と高市さんで、ポピュラー曲「君の瞳に恋してる」を演奏しました。

4_44.jpg 6_36.jpg 5_39.jpg 9_18.jpg 

 演奏の途中で、顧問の先生が高市さんとおしゃべりし、高市さんが、フルート奏者になるきっかけや周りの方々に支えていただいたことなど、中学生に分かりやすく、そして優しく話してくださいました。さらには当時の同級生だった本校の先生の中学生時代についても語ってくださったので、会場が笑いに包まれる場面も何度もありました

13_15.jpg 12_23.jpg
 それにしても、「質の高い音楽」「トッププロの生の演奏」には、誰もが惹き付けられました。「本物」に触れる機会を得られた幸運と、道後中の卒業生という縁、つながりに感謝します。・・・・「もっと聴きたかった」が本音でした
素敵な時間をありがとうございました


2016年11月5日(土曜日)

道中祭に平成2年度卒業生関わる!

カテゴリー: - dogo01 @ 16時08分05秒

 11月3日(木)に開催された「創立60周年記念道中祭」(文化祭)での開幕イベントに、生徒会が、平成2年度卒業生と対談しました

DSC04080.jpg IMG_8305.jpg IMG_8313.jpg DSC04090.jpg RIMG8059.jpg IMG_8322.jpg IMG_8324.jpg IMG_7722.jpg

 まず、生徒会役員が、平成はじめの頃の、「合唱の道後」と呼ばれた時代の様子を紹介し、その頃に「生徒会の歌」誕生に関わった方たちとの対談を行いました。当時の合唱部のコンクール映像が音声入りで紹介され、その質の高さに感激しました。また、今回のゲスト、フルート奏者の高市さんに加え、当時の合唱部部長であった丹下さん、現在の本校で勤務しておられる皺先生からお話を伺うことができました。この生徒会の歌「我らの時代」は、26年前に生まれ集会などで歌われていたたものの、もう長く歌われていなかったのですが、この対談の後、全校生徒で歌いましたこれを機会に、これからの本校の生徒総会や集会でまた歌うことを伝統として復活させ、ぜひ継続したいものです

IMG_8184.jpg

 この、「合唱の道後」の頃に合唱部や全校の合唱を、当時厳しくも熱く暖かく指導しておられた、師尾先生も今回の道中祭を御参観くださいました保護者の中にも当時の卒業生がおられ、旧交を温め合っておられました。(先生は、当時、この生徒会の歌「我らの時代」がどのようにしてできたのか、この歌がどんな意味を持っているのか、当時の資料を今も大切に持っておられ、今回それを提供してくださいました。後日紹介する予定です。)


2016年11月2日(水曜日)

高市紀子さんが来校されました

カテゴリー: - dogo01 @ 19時23分28秒

 明日の道中祭のメインゲストとしてお招きしている本校の卒業生(平成2年度卒。第34期卒業生)でプロフルート奏者の高市紀子さんが、前日の今日来校されました

DSC04030_1.jpg DSC04027_1.jpg DSC04033.jpg DSC04036.jpg DSC04038.jpg DSC04040.jpg

 今日は、明日の吹奏楽部とのコラボを事前に合わせるために来てくださったのです。
 まず、当時の同級生が学級担任をしておられるので、そのクラスを訪ねてくださいました。「母校に呼んでいただけたことがとてもうれしいです。」「その頃にできた生徒会の歌をもう一度復活させていただいたことも、本当にうれしいです。」と話してくださいました。子どもたちも、普段以上に真剣に聞いていました
 そして、吹奏楽部のフルート四重奏に参加してくださいました。ひときわ透き通る音に引き込まれるように、フルートの部員たちは夢中で練習しました

DSC04060.jpg DSC04063_1.jpg DSC04064.jpg DSC04065.jpg DSC04066_1.jpg DSC04067.jpg

 そして、1・2年部員の合奏にも加わっていただきました。吹奏楽部員はもちろん、顧問の先生も少し緊張気味・・・・だったかな!?とても美しい響きに吸い込まれそうになりながら・・・・よく見ると、活動は引退している3年生の先輩部員もちゃっかり入り込んで聞き入っていました
 明日の午後開かれるミニコンサート(25分程度)がとても楽しみです14:25開始の予定です(午前の部の状況によって、いくらかの時間の変更もあることを御理解ください。)。



2016年11月1日(火曜日)

「二期会」会報誌が発行されました。

カテゴリー: - dogo01 @ 13時05分51秒

 10月21日(金)に来校された「二期会」(創立二期生)の幹事の方が、会報誌「道後」を届けてくださいました。(下の小さな会報誌をクリックすると拡大します。・・・・ホームページへの掲載について、了承を得ています。)

H28nenn11gatu2kikaikaihou1.jpg H28nenn11gatu2kikaikaihou2.jpg

 今回は、本校生との交流や、懇親会の様子を掲載しておられます長く続く同級生との交流や、「道後中愛」が伝わってきます。現役道中生にも、皆様のような卒業生になってほしいものです


2016年10月31日(月曜日)

二期会の皆様が来校されました。

カテゴリー: - dogo01 @ 18時50分45秒

 10月21日(金)、二期会の皆様が来校されました

1_54.jpg 2_45.jpg 3_44.jpg 9_16.jpg 10_15.jpg 11_23.jpg 12_21.jpg 13_13.jpg

 「二期会」とは、本校の昭和33年度卒業生の皆様による学年同窓会です。「同窓会を開く機会に母校の訪問を」とのことで、今回の交流が決まりました。
 日程の関係で大きな催しを行うことはできませんでしたが、昼休みを延長して、全校生徒が対面し、大先輩方と一緒に校歌を歌いました創立60周年の年に、意味の深い、価値ある交流となりました

14_13.jpg RIMG2565.jpg 15_13.jpg 16_11.jpg

 また、「今の中学生の給食を食べてみたい」という皆様の御希望が、桑原調理場の皆様の快い協力のお陰で実現し、楽しんでいただきました。(調理場の皆様、ありがとうございました。)

5_36.jpg 6_33.jpg 7_23.jpg 8_22.jpg

 なお、皆様から、「後輩たちの勉学に生かしてほしい」とプロジェクターカメラの寄贈をお受けし、生徒会から感謝状と今春作成した冊子「続・わが町道後」を贈呈しました。(プロジェクターは、大変明るく見やすい画面を投影することができる高性能の機器です。とても助かります。)ありがとうございました。大切に使わせていただきます
 二期会の皆様は、今も積極的に活動しておられます。その様子について、緑の文字をクリックして御覧ください。(「校長室」のカテゴリーの、「3.同窓会・同窓生関係」の「(2)二期会」のページにジャンプします。)


2016年9月27日(火曜日)

生徒会の歌「我らの時代」の伴奏譜が届きました。

 生徒会の歌「我らの時代」の伴奏譜が届きました。(下の譜面をクリックすると拡大します。)

seitokainoutano1.jpg seitokainoutano2.jpg

 本校の卒業生である、高市紀子さんが譜面に起こし直して送ってくださったのです譜面に、熱く温かい想いが込められているような気がします
 この経緯については、今月に開催された、「60周年記念体育大会」の閉会式で、校長先生が話されました。(緑の文字をクリックすると、そのページにジャンプします。)
 その高市さんが、道中祭に来てくださるかも知れません!?
 在校生と卒業生の糸がつながりかけています


2016年5月6日(金曜日)

第19期3年5組の仲間たち

カテゴリー: - dogo01 @ 07時36分06秒

 4月29日(金)、第19期卒業生3年5組の皆様が、岡山市で同窓会を開かれました

                                開会(クラッカー).jpg 9参旅臂.jpg

 岡山に恩師の先生がお住まいのため、15名の教え子がそこに集まることにされたのだそうです。
 本校のホームページを御覧になった方が、「同窓生・同窓会」のページがあることに気付き、これまでも本校から校旗や校歌CD を借用された方がいらっしゃると知って問い合わせをしてくださいました。その縁があって、この写真をいただくことができ、掲載を快諾いただけたわけです。ありがとうございます
 クラッカーで会を盛り上げ校歌を歌いながら、40年の年月を飛び越え、恩師の先生と教え子の皆様との熱く素敵な関係が再現されたことでしょう皆様、お疲れ様でした


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立道後中学校