メインメニュー
学校紹介
学力の定着・向上のために
道後中日記のカテゴリー
これまでの道後中日記

2017年2月28日(火曜日)

オリーブ(卒業記念碑その4)

 南校舎東棟の体育館側には、第59期卒業生(平成27年度)、つまり、昨春の卒業生の記念樹と記念碑が立っています。

DSC07824_1.jpg DSC07822.jpg IMGP4119.jpg IMGP4120.jpg

 昨年の3月、ここで約30人の3年生と先生たちが、オリーブ3本、トキワガマズミ2本、それからセイヨウイワナンテンやサクラソウ、パンジーなどを植えました。

DSC09539_1.jpg DSC09538_1.jpg DSC03813_1.jpg DSC03814_1.jpg

 そのオリーブは、春に白い花を咲かせました。花は夏には黄緑の実となり(1・2枚目の写真)、秋には黒く熟れました(3・4枚目)。今はまだ小さくて弱々しそうですが、きっと大きくしっかりと成長してくれることでしょう
 3年生たちがお父さんお母さんになった頃、この木々はどのようになっているでしょうかそういう再会がいくつも生まれることを楽しみにしています


石碑の謎

DSC04953.jpg DSC04952.jpg DSC04961_1.jpg
 図書館前の植え込み、南校舎に近いところの背の低い「カイヅカイブキ」の陰に小さな石碑が立っています。この石碑には「昭和50年3月25日(つまり昭和49年度(1974))」「第88回卒業記念五葉松」と刻まれています。石碑のそばのマツ(3枚目の写真)のことでしょうか。この石碑は今年60周年となった道後中のものとは考えられません。1887年を卒業1期生とする学校は!?道後小学校が設立されたのが明治23年(1890年)らしいので、少しずれるのですが、どうでしょうか。


卒業記念碑その3

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その3です。

DSC07817.jpg DSC07819.jpg

第18回卒業生の記念樹(昭和49年度卒)は、北校舎東棟の3年玄関裏、大きなメタセコイアのすぐそばのクロマツだと思われます。隣のサツキで隠れ気味の石碑がこれを指しているように思えるのです。日当たりも今ひとつで、自転車やバイクを置く時か清掃の時間くらいしか人目に触れてはいませんが、それでも少しずつ成長しています。

DSC07617_1.jpg DSC07618_1.jpg DSC07619_1.jpg

 2017年2月22日(水)、春らしい日差しを受けて体育館前の「ホルトの木」が輝いていました。この木は昭和60年度の卒業記念樹です。昭和50年から59年までの記念樹や記念碑は見当たりません。
 本校では、昭和50年(1975)に北校舎(本館)が新しくなり、昭和53年にさらに本館増築したことも関係しているのかも知れません。また、昭和59年に校訓碑が建立され、同年体育館が落成しましたから、昭和60年以降の4年間に新たに卒業記念樹・記念碑が植えられたのかも知れませんね。

DSC04882_1.jpg DSC04884.jpg DSC04891.jpg

  本校の第30期卒業生(昭和61年度卒業)の記念樹は、バックネット裏のモチの木(クロガネモチ)です。モチノキは東門のすぐそばにもありますが、赤い実を豊かにつけて、冬でも色鮮やかです。この木の皮をめくり水につけると粘着性が増すので、つぶして「トリモチ」として鳥やセミの捕獲に使われていたそうです。

DSC04887_1.jpg DSC04888_1.jpg DSC04894_1.jpg
 体育館に向かって左側の木はマキの木(イヌマキ)です。昭和62年度(第31期)卒業生の記念樹です。去年造園業者の方に名前を教えていただきました。名前を知ってから、住宅街を歩いてみると、家の庭にもよく植えられています。生け垣にもされるそうです。「知っていなければ気づきもしないことや物多いのだなあ」とあらためて驚きました。

DSC04895.jpg DSC04897_1.jpg DSC04896_1.jpg
 図書館前の庭園に昭和63年度(第32期)卒業生の記念樹が植えられています。セイヨウヒイラギです。この木は、クリスマスシーズンによく登場する木の一つ(ケーキなどにトゲトゲの葉と赤い実が乗せられる)ですが、おなじみのセイヨウヒイラギとは違い、葉っぱのトゲトゲは葉先の1カ所だけですが、同じ品種の一つだとか。11月末から12月頃には、実が赤くなります。


卒業記念碑その2

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その2です。

                                                                  

  第9期卒業生の記念碑(昭和40年度卒)は中庭にあります。後方の消火水槽は石碑よりも後にできたものでしょうから、以前の姿はよく分かりませんが、この記念碑が示すのは、そのまわりの石庭のことでしょうか?

                                

  第10期卒業生(昭和41年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期のすぐそばにある、小さくて背の低い石碑です。この碑がどの木を記念樹として示しているのかはよく分かりません。すぐ後ろの灌木でしょうか、その後ろの木でしょうか。手前でピンクの花を咲かせているツバキはまだ新しいように見えるのですが・・・・。

                                                                

  第11期卒業生(昭和42年度卒)の記念碑は、中庭の南校舎沿いにありますが、ナンテンの木(今は赤く紅葉している)に隠れていて気付かれないことが多いです。この石碑が示すのは、第9期の記念碑同様、その周辺の石庭全体でしょうか?今のところよく分かりません。さて・・・・!?

                                

 第12期卒業生(昭和43年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期・第10期・第20期とたくさんの記念碑・記念樹の立つ石組みの中にあります。この記念碑が示すのは、そばの「マキの木」のように思えるのですがどうでしょうか。


卒業記念碑(その1)

 本校の卒業記念碑を紹介します。

1_60.jpg

 図書館の北側に「第1回卒業記念」と記された石碑があります(第1回は昭和32年度卒)。これが、そばの木(何の木かな?)のことなのか、石灯籠のことなのか、周辺の庭園のことなのかはよく分かりません。

                                                                

 平成27年に本校の卒業記念碑を調べる際に、「第1回」と「第3回」はすぐ分かりましたが、「第2回卒業生(昭和33年卒)」の記念碑が見つかりませんでした。10月頃に古いアルバムを開いたところ、一枚の写真の下に「いてう(いちょう)の記念樹二本」と書いてあるのを見つけ、南校舎西棟グランド側のイチョウの木がそれである。と分かりました。写真の中の右側の木のそばに石碑らしきものがあるように思えて実際を見てみると、やはりありました。「道後中の歴史」とまた一つ出会えたような気がして、心が震えました

2_50.jpg 1_61.jpg

 写真は、校訓碑の北側にある第3回卒業生(昭和34年度卒)の記念碑です。この記念碑が示しているのは、このそばのキンモクセイ(金木犀)でしょう。秋にはオレンジの花が満開となり、強い香りを漂わせます。日本では芳香剤のような役割を果たしてきたそうです。

1_62.jpg 2_51.jpg
  第4回卒業生(昭和35年度卒)の記念碑が示しているのは、すぐそばのマツのようです。校訓碑のすぐ北側には、第3回・4回・第8期・10期・12期の記念碑が立てられています。「第〇回」「第〇期」と、揃っていないところがまた魅力的です。

1_63.jpg

 写真は、体育館の入り口付近にある第7回卒業生(昭和38年度卒)の記念碑です。(残存する記念碑のうち、第1回・3回・4回の記念碑の次に古い記念碑はこれのようです。)
 この記念碑は、記念樹等はなく石碑そのものが記念に設置されたのでしょう。「風雪春」と刻まれています。「風雪の春」と読むのでしょうか、それとも、右読みでしょうか。この文字の持つ意味も、どなたかに教えていただき、記録として残しておきたいものです。

2_52.jpg 1_64.jpg

 第8期卒業生(昭和39年度卒)記念碑は、第3回・第4回卒業生記念碑のそばにあります。この記念碑が示している記念樹は、きっと写真のカエデでしょう


2017年1月25日(水曜日)

小学生の作品を展示しました。

カテゴリー: - dogo01 @ 15時46分57秒

 校舎内に、道後小学校・湯築小学校児童の図画工作作品を展示しています

DSC06237_1.jpg DSC06238.jpg DSC06240_2.jpg DSC06239_2.jpg DSC06241_1.jpg DSC06559_1.jpg DSC06560_2.jpg DSC06561_1.jpg 

 気持ちや力がたっぷり入った作品を、教室から授業場所への行き帰りの生徒が、懐かしそうに眺めています。昼休みには、紙を持って書き込んでいた生徒がいたので聞いてみると、「作品の感想を書いて小学校に送るためです。」と教えてくれました。
 この営みは、小中連携推進教育の一環でもあり、逆に中学生の作品を小学校で展示しています。先日は、その作品を見て小学生が書いてくれた感想が届きました。この交流が、9年間を見据えた成長につながってくれることと楽しみにしています


2017年1月1日(日曜日)

伊佐爾波神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 18時28分20秒

 伊佐爾波神社は、夕方になっても多くの参拝客で賑わっていました

DSC05886.jpg DSC05885.jpg DSC05880.jpg DSC05883.jpg DSC05882.jpg DSC05881.jpg DSC05884.jpg

 去年は1月1日の午前中に訪れて、階段に並ぶ人々を見て参拝をあきらめたので、今年は夕方に訪れてみました。しかし、やはり階段に行列!伊佐爾波神社が、地域だけでなく「愛媛松山道後」の神社であることを実感しました。
 それでも、地域の方々が屋台を出してぜんざいや甘酒を振る舞っておられました。
 今の子どもたちにも、そんな風に地域を大切に思い、地域を大切にできる大人に育ってほしいと思いました


中嶋神社と湯神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 17時59分37秒

 市内電車(路面電車)の道後温泉駅から伊佐爾波神社に向かう途中の左に見える石段を上がり、湯神社中嶋神社を覗きました。

DSC05887.jpg DSC05895.jpg DSC05889.jpg DSC05893.jpg DSC05891.jpg DSC05894.jpg

 道後温泉のすぐ裏手にあたる場所で、夕方に覗いたのですが、ここは伊佐爾波神社と違い、参拝の方々や観光客の方々は限られていて、とても落ち着いた雰囲気でした
 道後温泉の湯はこれまでに何度も止まりましたが、この湯神社で祈祷(きとう)して復活してきたのだそうです。特に昭和の南海大地震で湯が止まった際にここで祈祷し、3月19日にまた湯が出始めたことを祝って、で今も3月19日に「道後温泉祭り」が行われています。また、中嶋神社は、「お菓子」の神様をおまつりしているのだとか。


松山神社の初詣

カテゴリー: - dogo01 @ 17時48分57秒

 今年も元旦の松山神社を訪れました

DSC05871.jpg DSC05875.jpg DSC05876.jpg DSC05877.jpg

 昼前でしたが、本殿内では、厄除(やくよ)けの神事でしょう、太鼓が鳴る中で何人もの方が頭(こうべ)を垂れておられました。とても落ち着いた雰囲気の初詣風景でした。

DSC05873.jpg DSC05878.jpg

 本殿の前では、おみくじやお札を買い求めておられる方は、地元の方でしょうか、里帰りの方でしょうか、懐かしそうに話しておられました。おみくじは、菅原道真にゆかりのある「飛び梅」の木にも結ばれていました。
 「秋祭り」の時もそうでした(緑の文字をクリックすると、その日のページにジャンプします。)が、特に祝谷地区を中心とする「地域の方々がつながり合う場所」として、松山神社はとても大切にされています

 

 


2016年12月18日(日曜日)

道後公園インルミネーション

カテゴリー: - dogo01 @ 09時52分56秒

 帰宅途中に子規記念博物館横の道後公園のきらめきに惹かれて立ち寄ってみました

DSC05463.jpg DSC05464.jpg DSC05469.jpg DSC05465.jpg DSC05466.jpg DSC05467.jpg

 公園の北側にイルミネーションが施されています。近づいて見てみると、一つ一つに笑顔と書き込みがあって、何ともいえないほんわかした気持ちになりました

DSC00623.jpg DSC00625.jpg DSC05470.jpg DSC05471.jpg DSC05474.jpg DSC05475.jpg DSC05477.jpg DSC05482.jpg

 道後温泉の湯釜のあたりは「光のトンネル」のようになっていて素敵でした。
 調べてみると、これも今年度実施中の「道後アート2016」の「光の実」という参加型の催しのようでした。(ピンクの文字をクリックするとそのHPにジャンプします。)観光客と思われる親子連れやちょっと立ち寄ってみたかのような方たちの姿も見られました。


2016年11月21日(月曜日)

校訓碑の表情と四季

 本校ホームページのトップページには、正門の校訓碑を掲載していますが、平成27年4月から、季節の移り変わりに合わせて撮り直して掲載しています。平成27年の8月11日にこれをとりまとめて、4〜8月分を掲載してから、少しずつ追加しています。)

 はじめの1〜8枚目は、今年度(平成28年度)のものです。27年度と同じように見えて、やはり違いがあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

 1枚目の写真は4月15日の朝7時過ぎに撮りました。校訓碑は朝日を浴び、サツキは緑に変わり始めて輝いて見えます。
 2枚目の写真は5月31日に撮りました。昨年ほどはサツキの花が咲いていないようです。毎年同じというわけではないのでしょうね。
 3枚目の写真は6月19日に撮りました。梅雨のシーズンです。雨が上がったばかりで校訓碑が濡れています。
 4枚目の写真は7月26日の8時半頃に撮りました。日差しが強くなっていることが分かります。
 5枚目の写真は8月23日の朝7時過ぎにに撮りました。朝日を浴びた校訓石碑の凹凸がよく分かります。
 6枚目の写真は9月19日の昼頃に撮りました。今年は体育大会が雨や台風のため延期に次ぐ延期で苦労しました。
 7枚目の写真は10月23日の昼頃に撮りました。校訓碑は北校舎の北側にあるために日陰になってしまいます。
 8枚目の写真は11月21日の11時前に撮りました。10月の写真とあまり違いが感じられません。去年よりも、暑い時期が続いたせいでしょうか。
 9枚目の写真は12月18日の10時過ぎに撮りました。去年の同時期よりまだ緑が濃いように見えます。
 10枚目の写真は1月16日の13時半頃に撮りました。今回もやはり、去年の同時期よりまだまだ緑が濃いようです。
 11枚目の写真は2月12日の15時半頃に撮りました。サツキは茶色になりましたが、やはり去年ほどではありません。
 12枚目の写真は3月14日の14時前に撮りました。サツキにやや青みが増してきたように思えます。
 1年間撮ってきましたが、それぞれの季節に校訓碑とそのまわりの木々に「いのち」を感じます子どもたちの成長をこれからも温かく見守ってくれることでしょう

 次の1〜11枚目は、昨年度(平成27年度)のものです

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

 1〜4枚目の写真は、4月・5月・7月・8月のものです。5月のサツキ満開の頃が特徴的ですが、他の時期にも校訓碑の表情には違いがあるかも知れません。(6月の梅雨時の様子を撮影し忘れたのが悔やまれます
 5枚目の写真は9月の雨上がりに撮りました。石積みの上のサツキの青さが際立っているようです。(9月6日に掲載しました。)
 6枚目の写真は10月の薄暗くなり始めた頃に撮りました。緑がさらに濃く感じられました。(10月7日秋祭りの日の夕刻です。)
 7枚目の写真は11月の昼前に撮りましたが、校舎で日陰になるため、ひんやりとしています。サツキ(写真の下方、石垣のすぐ上)の後方が刈り取られてスッキリしています。
 8枚目の写真は、12月上旬の午後に撮りました。校訓碑前のサツキの緑が弱まり、枯れ枝のような茶色が強くなっています。
 9枚目の写真は、新年1月1日に撮りました。サツキの緑が一層減りました。春への準備段階でしょうか。
 10枚目の写真は2月7日の16時半頃に撮りました。1月と同じように見えますね。
 11枚目の写真は3月13日の昼前に撮りました。サツキに芽が出始めているので、少し緑がかってきているように見えます。


2016年11月19日(土曜日)

「小6と中2で」小中連携推進事業指定校発表その3

カテゴリー: - dogo01 @ 17時04分30秒

 昨日(11月18日(金))の松山市の指定研究「幼保小中連携推進事業」の授業公開「午後の部」は、本校体育館で行いました

DSC04686.jpg IMG_8911.jpg IMG_8910.jpg IMG_0816.jpg

 午後の部では、2年生が道後小・湯築小6年生に「職場体験」の成果をポスターセッションで発表しました
 ポスターセッションとは壁などに報告をまとめた
ポスターを貼り、報告を聞きに来た方に説明を行う方法です。一度にいくつかの場所で説明を行い、聞き手は自由に場所を選びます。今回、体育館には、24か所で中2の半分が発表・説明を行い、残り半分と道後・湯築小6年生(の半分)が聞き手となりました。(・・・・前回のリハーサルの際に、道中生は逆の立場を務め、小学生はほかの半分の6年生が来校したそうです。)

DSC04689_1.jpg DSC04690_1.jpg DSC04698_1.jpg DSC04694_1.jpg DSC04706.jpg DSC04708.jpg DSC04711.jpg IMG_8904.jpg DSC04692_1.jpg DSC04699_1.jpg IMG_8924.jpg IMG_0851.jpg 

 さすが中学2年生!ポスターの表現に注意したり、実物やモデルを使ったり、クイズなどで聞き手を参加させたりするなど、「分かりやすく伝える」工夫が随所に見られました聞く側の2年生や6年生も、メモするだけでなく積極的に質問できていてすばらしかったです
 何より、中学2年生が小学生に説明したり、質問に分かりやすく答えようとするときの表情が、どの子も6年生の時の最高学年だった頃のような優しくやや「大人びた」表情であったことが印象的でした
 道後小・湯築小・道後中はもちろんのこと、他校や教育委員会から来校された先生方も、うなずきながら見ておられました充実した発表をしてくれた2年生の皆さん、ありがとう


「6年生と一緒に外国語活動」小中連携推進事業指定校発表その2

カテゴリー: - dogo01 @ 16時20分09秒

 昨日(11月18日(金))は、小5と中1の交流の後、本校の英語科の先生が、道後小6年生の外国語活動の時間にゲストティーチャーとして参加しました

DSC04647.jpg DSC04648.jpg DSC04650.jpg DSC04651.jpg DSC04652.jpg DSC04653.jpg

 「スペシャルスポットを紹介しよう」のテーマで、それぞれが自分の行ってみたいところを紹介しました。どの生徒もタブレットをとても上手に操作して写真を示し、「I want to go to〜」と英語を駆使してお互いに説明し合いました。
 様々な場面やグループ学習には本校の英語の先生やALTの先生も会話に加わり、楽しく学習を進めることができました担任の先生の笑顔と明るさにみんな染まったかのように、ビックリするほど元気いっぱいに英語を使うことができました中学校での勉強で、英語力は一層向上することでしょう


2016年11月18日(金曜日)

「小5と中1で」小中連携推進事業指定校発表その1

 松山市の指定研究「幼保小中連携推進事業」の授業公開を行いました

DSC04590.jpg DSC04591.jpg DSC04592_1.jpg 

 午前中には、1年生が道後小学校で、道後小・湯築小5年生と「3校交流集会」を行いました集会のテーマは、「道後再発見 世界へはばたけ!!OMOTENASIの心」私たちの地元であり、愛媛、日本を代表する観光地でもある道後を調べたり体験したりしたことを、学校を越えて伝え合う場です。「伊予の湯」という曲調に味わいのある歌を3校が一緒に歌ってから、それぞれの発表が始まりました。

DSC04603_1.jpg DSC04605.jpg DSC04606.jpg

 道後小5年生は、未来の道後のために、パンフレットや、「ポケモンGO」のようなスマホゲームの制作を提案してくれました。

DSC04608.jpg DSC04610_1.jpg DSC04612.jpg

 湯築小5年生は、道後村めぐりなどの経験を生かし、劇や紙芝居などで道後商店街案内に挑戦してくれました。両校とも、さすが高学年、発表に動きがあっていきいきと表現してくれました

DSC04614.jpg DSC04616_1.jpg DSC04618_1.jpg DSC04621.jpg DSC04623.jpg DSC04625_1.jpg

 本校の1年生は、「総合的な学習の時間」に道後をさらに深く追求した成果を発表しました。やはり中学生、小学生とはまた違った深みのある内容を、劇やクイズなどを盛り込んで発表してくれました。(特に劇中のしらさぎはみんなに大受けでした。)

DSC04633.jpg DSC04634.jpg DSC04641.jpg DSC04642.jpg

 発表の後、全員で「ボンダンス」を楽しく踊りました。(4年前に道後商店街の青年部が作り広げ始めたもので、道後温泉本館を盆踊りのやぐらに見立ててそのまわりを踊るものだそうです。)小学生も中学生も一緒に楽しんだ後、今日の集会の感想をグループで述べ合いました。お互いが笑顔で交流できた、楽しい集会となりました
 そして午後は、本校を会場として、2年生が活躍しました。(それは明日紹介します。)


2016年11月11日(金曜日)

「生徒会の歌」後日談

 「この楽譜は、私が書きました。」先日、保護者の方から新たに申し出があってビックリしました

seitokainoutakasitogakuhu.jpg

 彼女は、平成元年度卒業生。高市さんたちの1年上の生徒会役員だった子(今は本校生のお母さん!!)です。彼女が2年生の時に書いた楽譜が上の資料です(クリックすると拡大します。)。「当時の生徒会担当の先生がギターが堪能で、ギターを弾きながら生徒会の子たちと一緒に作曲されたと思います。私が書いたのは左側。右側は、その先生の字とイラストだと思います。」とのことでした。

seitokainoutanoimi1.jpg seitokainoutanoimi2.jpg

 上は、先日道中祭に来校された音楽・合唱を指導されておられた師尾先生からいただいた資料で、「生徒会の歌の歌詞の意味」がしっかりとまとめられています。これによると、この生徒会の歌は、最初は「我らの時代」ではなく、「道中讃歌」という名前になる予定だったようです。

 師尾先生の別の資料には、「昭和63年度の生徒会が全校生徒から歌詞を募集し、まとめたものが『生徒会の歌』です。」と書かれていました。昭和63年度の2年生(前述のお母さんの年代)と1年生(高市さんたち)が中心に作り上げたということでしょうか。
 昨年の体育大会から今年の道中祭にかけてつながってきた生徒会の歌「我らの時代」の誕生の様子が、すべてではありませんが、さらに明らかになってきました


2016年10月16日(日曜日)

石手地区運動会

カテゴリー: - dogo01 @ 16時16分12秒

 10月16日(日)、道後小学校で石手地区の運動会が開催されました

DSC03493.jpg DSC03494_1.jpg

 開会式では皆さん穏やかな顔で臨んでおられた中に、中学生の顔も見えました。石手公民館長さんは、「朝から中学生7〜8人が会場準備に参加してくれたので、とても助かりました。」と話しておられました。協力ありがとう

DSC03495_1.jpg DSC03497.jpg DSC03499.jpg DSC03501_1.jpg DSC03502_1.jpg DSC03503.jpg 

 朝方の雨で開会が危ぶまれましたがその心配もなさそうで、競技は和気あいあいと・・・・でも場面場面で本気の顔つきにもなりながら進められました
 昨年まではこの日が本校の参観日と重なってしまい朝からの中学生の参加がかないませんでした(ピンクの文字をクリックすると、昨年のページにジャンプします。)が、石手公民館との相談で、今年は重ならないようにすることができました
 地域の大人同士、大人と子どもの交流の場が多いほど、子どもたちの健全な成長や安全が確保されます。44回目となった石手地区の運動会が、これからも、これまで以上に地域住民の大切なコミュニケーションの場に合ってくれることを願っています。皆様お疲れ様でした


2016年10月10日(月曜日)

秋祭りその3(祝谷地区)

カテゴリー: - dogo01 @ 15時36分10秒

 10月7日(金)の祝谷地区での宮出しや御輿巡行の写真が届いたので紹介します。(御提供くださった皆様、御協力ありがとうございました。)

IMGP4037.jpg IMGP4047.jpg IMGP4064.jpg IMGP4069.jpg IMGP4070.jpg IMGP4071.jpg IMGP4073.jpg IMGP4074.jpg

 松山神社では、早朝の神事の後、大人の力強い担き手に続き、小中学生による子ども御輿が長い石段を降りてきました。下の「馬場」と呼ばれている広場で、大人も子どもも威勢よく御輿をかき上げた後、それぞれの地区に、御輿は巡行していきました なお、松山神社では、伝統行事として「奴踊り」獅子舞が行われます。奴踊りの記事が、10月8日(土)の愛媛新聞でも紹介されていました。(下の新聞記事をクリックすると拡大します。)

10gatu8nitiehimesinnbunnyakkoodori.jpg

 奴踊りは、小学生から青年までの若者十数人が演じ、全員がたすき掛けにハチマキ、わらじ履きで重そうな槍を運び(途中で投げて渡す場面もあります。)、年上の若者のリードで、全員で口上を述べながら歩きます。江戸時代の参勤交代とのつながりがあるのかも知れません。(中島の宇和間でも行われています。)
 

H28_秋祭り祝谷公園1.jpg H28_秋祭り祝谷公園3.jpg

 祝谷公園でも、獅子舞が行われたそうです。ここでも、若者や子どもたちが活躍してくれたそうです。祭りを通じて、地域の大人と子どものつながりがより強くなってくれることでしょう祝谷地区でも、地域の大切な伝統行事を、大人と子どもがしっかり引き継いでいます 


2016年10月7日(金曜日)

秋祭りその2(岩崎町・上市地区)

カテゴリー: - dogo01 @ 09時47分32秒

 岩崎町・上市地区も、御輿が地区にくり出しました

DSC02898.jpg DSC02902.jpg DSC02903.jpg DSC02906.jpg

 路面電車の道後公園駅近くにある宇佐八幡神社での厳かな神事の後、岩崎町の子ども御輿が町に繰り出していきました。ここでも中学生が重要な御輿のかき手を務めていました

DSC02907.jpg DSC02908.jpg DSC02909.jpg DSC02911.jpg

 岩崎町の御輿とすれ違うようにして、上市地区の子ども御輿が神社に入ってきました。ここでも、中学生がかき手として活躍しています

  今日は、本校の校区だけでなく、松山市内のほとんどの地域で、御輿や提灯行列が巡ります。大人と小中学生が、これまでの1年に感謝し、これからの1年の無事を願って地区を回るのです秋祭りは、地域の大人同士、子ども同士、大人と子どもがつながる大切な行事です


秋祭り(石手地区)

カテゴリー: - dogo01 @ 07時25分38秒

 石手地区を巡る御輿(みこし)の宮出しを見せていただきました。(「宮出し」とは、神様の魂の一部を御輿に移し、神社から出すことをいいます。)

DSC02874.jpg DSC02877.jpg DSC02879.jpg DSC02880.jpg DSC02885.jpg DSC02886.jpg

 御輿が神社から担ぎ出される前に、獅子舞が行われました。2人の小姓の舞の後、2体の獅子の勇壮な舞いが行われました。そして最後に、獅子と狩人との舞が行われました。(この舞には、「お百姓が丹精込めて育てたイモを獅子が食べてしまったので、狩人が押さえつける」というストーリーがあるのだそうです。)
 これらの獅子舞は、石手地区の大人たちが子どもたちに獅子舞を教え伝えることを大切にし、小中学生を演じ手に多く起用してきました。去年は宮入にお邪魔しましたが、その際に、世話役のお父さんたちが、「この子たちが獅子舞に演じ手を引き継ぎ、石手の獅子舞はもっと魅力的になりますよ!」とうれしそうに話しておられたことを思い出しました

DSC02891.jpg DSC02894.jpg DSC02896.jpg DSC02897.jpg

 獅子舞の後、御輿は巡行に出発し、一日かけて地域を回ります。地域の大切な伝統行事を、大人と子どもがしっかり引き継いでいます


2016年10月4日(火曜日)

生徒会の歌「我らの時代」

 体育大会(9月21日(水))の日に、生徒会の歌「我らの時代」の伴奏譜(楽譜・歌詞付き)が届きました。(緑の文字をくクリックして御覧ください。)

 この譜面が届いた経緯については、体育大会の閉会式で全校生徒に話しました(ピンクの文字をくクリックして御覧ください。)が、「創立60周年」にふさわしく、在校生と卒業生の新たなつながりが生まれようとしています。ワクワクします!!

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立道後中学校