メインメニュー
学校紹介
学力の定着・向上のために
道後中日記のカテゴリー
これまでの道後中日記

2017年2月28日(火曜日)

オリーブ(卒業記念碑その4)

 南校舎東棟の体育館側には、第59期卒業生(平成27年度)、つまり、昨春の卒業生の記念樹と記念碑が立っています。

DSC07824_1.jpg DSC07822.jpg IMGP4119.jpg IMGP4120.jpg

 昨年の3月、ここで約30人の3年生と先生たちが、オリーブ3本、トキワガマズミ2本、それからセイヨウイワナンテンやサクラソウ、パンジーなどを植えました。

DSC09539_1.jpg DSC09538_1.jpg DSC03813_1.jpg DSC03814_1.jpg

 そのオリーブは、春に白い花を咲かせました。花は夏には黄緑の実となり(1・2枚目の写真)、秋には黒く熟れました(3・4枚目)。今はまだ小さくて弱々しそうですが、きっと大きくしっかりと成長してくれることでしょう
 3年生たちがお父さんお母さんになった頃、この木々はどのようになっているでしょうかそういう再会がいくつも生まれることを楽しみにしています


石碑の謎

DSC04953.jpg DSC04952.jpg DSC04961_1.jpg
 図書館前の植え込み、南校舎に近いところの背の低い「カイヅカイブキ」の陰に小さな石碑が立っています。この石碑には「昭和50年3月25日(つまり昭和49年度(1974))」「第88回卒業記念五葉松」と刻まれています。石碑のそばのマツ(3枚目の写真)のことでしょうか。この石碑は今年60周年となった道後中のものとは考えられません。1887年を卒業1期生とする学校は!?道後小学校が設立されたのが明治23年(1890年)らしいので、少しずれるのですが、どうでしょうか。


卒業記念碑その3

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その3です。

DSC07817.jpg DSC07819.jpg

第18回卒業生の記念樹(昭和49年度卒)は、北校舎東棟の3年玄関裏、大きなメタセコイアのすぐそばのクロマツだと思われます。隣のサツキで隠れ気味の石碑がこれを指しているように思えるのです。日当たりも今ひとつで、自転車やバイクを置く時か清掃の時間くらいしか人目に触れてはいませんが、それでも少しずつ成長しています。

DSC07617_1.jpg DSC07618_1.jpg DSC07619_1.jpg

 2017年2月22日(水)、春らしい日差しを受けて体育館前の「ホルトの木」が輝いていました。この木は昭和60年度の卒業記念樹です。昭和50年から59年までの記念樹や記念碑は見当たりません。
 本校では、昭和50年(1975)に北校舎(本館)が新しくなり、昭和53年にさらに本館増築したことも関係しているのかも知れません。また、昭和59年に校訓碑が建立され、同年体育館が落成しましたから、昭和60年以降の4年間に新たに卒業記念樹・記念碑が植えられたのかも知れませんね。

DSC04882_1.jpg DSC04884.jpg DSC04891.jpg

  本校の第30期卒業生(昭和61年度卒業)の記念樹は、バックネット裏のモチの木(クロガネモチ)です。モチノキは東門のすぐそばにもありますが、赤い実を豊かにつけて、冬でも色鮮やかです。この木の皮をめくり水につけると粘着性が増すので、つぶして「トリモチ」として鳥やセミの捕獲に使われていたそうです。

DSC04887_1.jpg DSC04888_1.jpg DSC04894_1.jpg
 体育館に向かって左側の木はマキの木(イヌマキ)です。昭和62年度(第31期)卒業生の記念樹です。去年造園業者の方に名前を教えていただきました。名前を知ってから、住宅街を歩いてみると、家の庭にもよく植えられています。生け垣にもされるそうです。「知っていなければ気づきもしないことや物多いのだなあ」とあらためて驚きました。

DSC04895.jpg DSC04897_1.jpg DSC04896_1.jpg
 図書館前の庭園に昭和63年度(第32期)卒業生の記念樹が植えられています。セイヨウヒイラギです。この木は、クリスマスシーズンによく登場する木の一つ(ケーキなどにトゲトゲの葉と赤い実が乗せられる)ですが、おなじみのセイヨウヒイラギとは違い、葉っぱのトゲトゲは葉先の1カ所だけですが、同じ品種の一つだとか。11月末から12月頃には、実が赤くなります。


卒業記念碑その2

 本校に現存する卒業記念碑とその記念樹等の紹介その2です。

                                                                  

  第9期卒業生の記念碑(昭和40年度卒)は中庭にあります。後方の消火水槽は石碑よりも後にできたものでしょうから、以前の姿はよく分かりませんが、この記念碑が示すのは、そのまわりの石庭のことでしょうか?

                                

  第10期卒業生(昭和41年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期のすぐそばにある、小さくて背の低い石碑です。この碑がどの木を記念樹として示しているのかはよく分かりません。すぐ後ろの灌木でしょうか、その後ろの木でしょうか。手前でピンクの花を咲かせているツバキはまだ新しいように見えるのですが・・・・。

                                                                

  第11期卒業生(昭和42年度卒)の記念碑は、中庭の南校舎沿いにありますが、ナンテンの木(今は赤く紅葉している)に隠れていて気付かれないことが多いです。この石碑が示すのは、第9期の記念碑同様、その周辺の石庭全体でしょうか?今のところよく分かりません。さて・・・・!?

                                

 第12期卒業生(昭和43年度卒)の記念碑は、校訓碑の前の第3回・第4回・第8期・第10期・第20期とたくさんの記念碑・記念樹の立つ石組みの中にあります。この記念碑が示すのは、そばの「マキの木」のように思えるのですがどうでしょうか。


卒業記念碑(その1)

 本校の卒業記念碑を紹介します。

1_60.jpg

 図書館の北側に「第1回卒業記念」と記された石碑があります(第1回は昭和32年度卒)。これが、そばの木(何の木かな?)のことなのか、石灯籠のことなのか、周辺の庭園のことなのかはよく分かりません。

                                                                

 平成27年に本校の卒業記念碑を調べる際に、「第1回」と「第3回」はすぐ分かりましたが、「第2回卒業生(昭和33年卒)」の記念碑が見つかりませんでした。10月頃に古いアルバムを開いたところ、一枚の写真の下に「いてう(いちょう)の記念樹二本」と書いてあるのを見つけ、南校舎西棟グランド側のイチョウの木がそれである。と分かりました。写真の中の右側の木のそばに石碑らしきものがあるように思えて実際を見てみると、やはりありました。「道後中の歴史」とまた一つ出会えたような気がして、心が震えました

2_50.jpg 1_61.jpg

 写真は、校訓碑の北側にある第3回卒業生(昭和34年度卒)の記念碑です。この記念碑が示しているのは、このそばのキンモクセイ(金木犀)でしょう。秋にはオレンジの花が満開となり、強い香りを漂わせます。日本では芳香剤のような役割を果たしてきたそうです。

1_62.jpg 2_51.jpg
  第4回卒業生(昭和35年度卒)の記念碑が示しているのは、すぐそばのマツのようです。校訓碑のすぐ北側には、第3回・4回・第8期・10期・12期の記念碑が立てられています。「第〇回」「第〇期」と、揃っていないところがまた魅力的です。

1_63.jpg

 写真は、体育館の入り口付近にある第7回卒業生(昭和38年度卒)の記念碑です。(残存する記念碑のうち、第1回・3回・4回の記念碑の次に古い記念碑はこれのようです。)
 この記念碑は、記念樹等はなく石碑そのものが記念に設置されたのでしょう。「風雪春」と刻まれています。「風雪の春」と読むのでしょうか、それとも、右読みでしょうか。この文字の持つ意味も、どなたかに教えていただき、記録として残しておきたいものです。

2_52.jpg 1_64.jpg

 第8期卒業生(昭和39年度卒)記念碑は、第3回・第4回卒業生記念碑のそばにあります。この記念碑が示している記念樹は、きっと写真のカエデでしょう


2017年1月2日(月曜日)

タイムカプセルを開封しました。(平成19年度第51期卒業生)

 第51期卒業生(平成19年度卒業)のタイプカプセル開封が行われました

DSC05901.jpg DSC05902.jpg DSC05904.jpg DSC05906.jpg

 2年生の時(平成18年度)に創立50周年を記念して、各学年が埋めたのですが、1・3年生は20歳の「成人式の時に」とし、すでに開封を終えたのですが、2年生は、「10年後に開封しよう」と約束していたのです。当時の2年生と先生、当時のPTA関係者合わせて80名を超える方々が本校を訪れてくださいました。(当時は1月3日に開封することにしたのですが、帰省している卒業生が仕事で戻っていくことを考えて、今日開封することになりました。)

DSC05907.jpg DSC05909.jpg DSC05914.jpg DSC05915.jpg DSC05917_1.jpg DSC05918.jpg DSC05920.jpg DSC05921_1.jpg DSC05924.jpg DSC05925_1.jpg DSC05928_1.jpg DSC05929.jpg DSC05932_1.jpg DSC05933.jpg DSC05934_1.jpg DSC05935.jpg

 無事に見つかったタイムカプセルは、図書館で開封され、当時の先生たちが、あの頃と同じように教え子の名前を呼び、教え子たちは「自分に宛てた手紙や作文」を、照れくさそうに、でもとてもうれしそうに受け取りましたアンジェラアキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の歌と重なり、心が震えました
 なお、この後、皆さんは、道後のホテルを会場に、あらためて同窓会を開いて親交を温め合うそうです。


2015年10月8日(木曜日)

第二期卒業生の記念樹と記念碑

                                                                

 以前に、「第2期の卒業記念碑が見当たらない」と紹介したことがありました(緑の文字をクリックすると、そのページにジャンプします。)。実は明日、その代の方々の同窓会「二期会」(昭和33年度卒業生)が開かれるそうです。昨日、その頃のアルバムを開いたところ、一枚の写真の下に「いてう(いちょう)の記念樹二本」と書いてあるのを見つけました。ああ、今も勢いのあるイチョウの木がそれなのですね。写真の中の右側の木のそばに石碑らしきものがあるように思えて実際を見てみると、やはりありました。「道後中の歴史」とまた一つ出会えたような気がして、心が震えました


2015年8月15日(土曜日)

タイムカプセル

 お盆のシーズンとなり、帰省している卒業生の方々も少なくないことでしょう。
 先日、保護者の方から「上の子のタイムカプセルを開く時期が近づいてきているので気になっています。」と声をかけていただきました。

DSC00584_1.jpg taimukapuserunituite50syuunennsi.jpg

 本校の「創立五十周年記念誌」161ページには、当時(平成18年度)の1年生と3年生はそれぞれ成人式の年に、2年生は10年後、つまり「2017年(平成29年)1月3日13時から開封式を行う」ことが記載されています。(記念誌の記事をクリックすると拡大します。)
 すでに当時の3年生は2012年1月に、1年生は2014年1月に開封されたようです。場所も確認できております。1年半後の、当時の2年生の皆様の再会を楽しみにしております


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立道後中学校