2018年8月の記事一覧

夏休みあと5日

 夏休みも終わりに近づいてきました。道中生の皆さん、そろそろ生活リズムを学校始まりモードに切り替え、体調も万全な状態で始業日を迎えられるように準備しましょう。3日(月)、皆さんの元気な笑顔に会えるのを楽しみにしていますよ。

 

 今日は3年生の学習相談が行われていました。実力テストが近いこともあり、参加した生徒たちは集中して取り組んでいました。

2018 夏祭りin道後

 道後中の夏といえば、この「夏祭りin道後」です。道後中学校を舞台に、PTA、地域の皆さんのお力で毎年盛大な祭りが行われています。前日の会場準備、そして当日朝からの屋台の準備等、皆さん本当にお世話になりました。教職員、部活動の生徒、実行委員、みんなが協力して準備万端整いました。

 

 昨年は雨天のため、体育館での実施でしたが、今年は見事な晴天。全プログラムを戸外でするということもあり、大変な人出となりました。

 スタートは午後4時。水軍太鼓の演奏から始まりました。勇壮な太鼓の音が開場に響き渡ると、次はソーラン踊りで、部員のきびきびとした踊りが披露されました。

 

 

 続いては道後小、湯築小の金管バンド、道後中の吹奏楽部によるコンサートがそれぞれ行われました。炎天下の演奏はとても大変でしたが、観客の皆さんもとても盛り上がっていましたよ。

 

 

 そうこうするうち、来場者がどんどん増えていきます。在校生とその保護者はもちろん、地域の小さな子どもたちや小学生、卒業した高校生と、大勢の人々が祭りを楽しみにやってきました。

 素晴らしいのは屋台の種類です。PTAの皆さんのご尽力で、毎年多彩な食べ物やゲームの屋台が全部で16種類、所狭しと並びます。小さな子どもたちはくじ引きやスーパーボールすくいなど、夢中になって楽しんでいましたよ。また、在校生の有志が売り子になってお手伝い。大きな声でお客さんに呼び掛ける様子も見られました。

 

 

 ステージでは他にもいろいろな催しものがありました。進行役の生徒会役員によるアナウンスでゲームやくじ引きに、観客の皆さんも一喜一憂で楽しんでいました。

  

 

 祭りのフィナーレは道後名物「BONダンス」。子どもも大人もいっしょになってやぐらの周りに集まり、見よう見まねで踊っていました。

 あっという間に終了時刻。この夏最後の楽しいイベントが終わりました。このような素晴らしいお祭りを開催していただき、本当にありがとうございました。また、来年お会いしましょう!

 

吹奏楽部の夏

 吹奏楽部の夏は毎年とても忙しい日々になります。

 8月7日には吹奏楽コンクールに出場、ハードな練習の末の発表でしたが、結果は銀賞。3年生には涙を浮かべるメンバーが多く見られました。この悔しさを忘れない!来年に向けて、反省点を全員で確認しました。

 そして8月25日は夏祭りin道後での演奏があります。休む間もなく練習の日々が続きます。今年は3曲、まずはテンションの上がるアニソン、「シュガーソングとビターステップ」。続いてJITTERIN'JINNの「夏祭り」、最後に 「Paradise Has No Border」です。どれも吹奏楽ファンにはおなじみの曲です。

 

 コンクールの演奏では、いかに正確に、表現豊かに演奏できるかが勝負ですが、このような祭りでの演奏はいかに楽しく気分を盛り上げる演奏ができるか、が大切です。

 そこで、振り付けをしたり、衣装を考えたりと毎年工夫を凝らしたステージとなっています。今年も部員は全員、浴衣か甚平を着ての演奏、さらに振り付けを入れて楽しい演奏を目指します。

 本番、お聞きいただいた皆さんはどのように感じられたでしょうか。当日はとっても暑く、観客の皆さんも大変だったと思います。少しでも夏らしさが伝わる演奏になったなら幸いです。

 3年生はこれで中学校の吹奏楽生活に別れを告げることになります。後は後輩たちにバトンタッチ。しばらくは慣れ親しんだ楽器を封印し、受験勉強に頑張ります!

 

全中結果

  岡山県岡山市シティライトスタジアムで行われている全中陸上競技砲丸投に、3年生の選手が出場しました。

 予選は、59名の出場選手を2組に分けて行われました。道中選手は予選2組に出場し、13m29の投てきを見せ、全国大会の舞台で自己ベスト更新を果たしました。

 予選2組中13位と健闘を見せましたが、残念ながら決勝進出とはなりませんでした。

 試合後には応援に来て下さった保護者の方々に感謝の言葉を述べ、多くの方々の支援のおかげで出場、自己ベストが出せたことを言葉にしていました。とても立派な姿でした。

 たくさんの応援ありがとうございました。

練習会場

 

 

体験入学

 夏休み中、各高校では体験入学が行われています。この日は、市内の私立高校に3年生15名が参加しました。

 

 実際に授業を体験したり、部活動の様子を見たりして高校の雰囲気を味わいました。

 まずは体育館に向かった女子生徒たち。高校生のダンスを見ながら、入学後の自分を想像していました。何に挑戦し、どのように高校生活を楽しむか・・・そんなことを考えるだけでも、わくわくしてきますね。

 保護者の方も参加してくださいました。ここ以外にも2校参加された保護者の方が、何校かで体験をさせてもらううちに、本人がやりたいことに出会えたようだと言われていました。有意義な体験入学となっているようです。