放送委員の活動報告 その3

 

夏休みも後半に突入。放送委員はもう一つ、とても楽しい活動をすることができました。

EBCテレビ愛媛さんの企画で、「EBCプライムニュース」のお天気キャスター体験に放送委員4名の生徒が参加させていただきました。今回は、本格的なニュース番組の中でキャスター体験ができるという絶好の機会に、参加したメンバーも興奮気味でした。

まずは、EBC岡本様より企画の趣旨や流れを確認、社内見学にて報道部やスタジオ、編集室の様子を見せていただきました。真剣にお仕事をするかたわら、生徒たちに気軽に声をかけていただく場面も多く、フレンドリーな社内の雰囲気に気持ちが和みました。

 

次に、実際の放送原稿をいただき、読みの練習です。現役のアナウンサーお2人に直接指導していただき、真剣に取り組む様子が見られました。

お天気コーナーは社屋玄関からの中継です。まずはリハーサル。4名の生徒全員がテレビカメラにおさまり、1人がキャスターとして原稿を読みます。自己紹介や道中の学校紹介から始まり、明日の天気の原稿まで全部で2分半ほどですが、かなりの量があります。ミスなくできますように!

 

さあ、本番。みんなで手を振ってスタート。

キャスター役の放送委員は緊張しながらも、落ち着いて笑顔を見せながら堂々と読むことができました。ご担当いただいた岡本様、山崎、橋本両アナウンサーからも、「よくがんばったね」「落ち着いて上手にできました」とお褒めの言葉をいただきました。

 

参加者の中には、アナウンサーを夢みる放送委員もおり、今回の体験は大変よい刺激になったことと思います。また、どのようにニュースが作られ、番組ができあがるのか、その過程がよく理解できたことも大きかったのではないかと思います。やり終えた生徒たちの顔が輝いていました。

EBCのスタッフの皆様、貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました。