道中祭PART⑤

  最後に、この道中祭を引っ張ってきたリーダーたちからのコメントを紹介します。

【合唱コンクール実行委員長より】

 各学年で最優秀賞・優秀賞になったクラスの皆さん、おめでとうございます。どの学年、クラスも一生懸命歌えていました。さて、今年度の道中祭のテーマは「千紫万紅~見て・聴いて・感じて道中文化再発見~」でした。このテーマの通り、各学年のたくさんの色の合唱が披露されていました。毎日の練習は、本当に忙しかったと思います。リーダーの皆さん、お疲れ様でした。3年の「椰子の実」の四部合唱はうまくいかず、何度も練習しました。中学最後というのもあって、自由曲の練習にも熱が入ったと思います。指揮者、伴奏者の皆さん、本当にお疲れ様でした。3年生は連合音楽会があるので、あと少しがんばりましょう。皆さんの合唱はとても素晴らしかったです。道中生の笑顔、泣き顔、たくさんの顔が見られた素敵な合唱コンクールでした。

 最後に、この道後中の合唱コンクールのために指導者として、また審査員として来てくださった先生方、ご協力ありがとうございました。

 

【道中祭実行委員長より】

 平成最後の道中祭が終わりました。合唱では、どのクラスも練習の成果を出し切ることができ、クラスの特徴がよく出ていました。学年合唱は、各学年、美しいハーモニーが体育館に響き渡っていて、全員で歌うことの迫力や良さが伝わってきました。午後のステージ発表では、生徒会のブロック対抗クイズ、水軍太鼓、ソーラン踊り、吹奏楽部の発表があり、とても盛り上がりました。お昼の展示では、一人ひとりの作品を見る良い機会になったと思います。私は、今回委員長を務めました。最初は不安でしたが、しっかりその役を果たせました。道中祭スローガンのもと、華やかな道中祭になったと思います。