避難訓練

    火災を想定しての避難訓練を行いました。今年度初の訓練でしたが、事前に確認した経路で、静かに速やかに避難することができました。

 校長先生からは「いつ地震や火災が起きるかわからないのでしっかり備えなければならない。人間は自分への被害について過小評価しがちなので、安心しすぎることなく敏感に危機管理しないといけない。」というお話をいただきました。門屋先生からは、火事を発見した時の対応や、119番へ通報する時の注意点、また避難経路についての確認がありました。

 

   

 

続いて、消火器の使用法について、実演しながらの詳しい解説があり、皆さんよく耳を傾けて聞いていました。

 

    

    消火訓練体験をした3年生は「意外と難しかった。本番は焦らずに消火活動をしたい。」という感想を発表しました。いざというときに、誰もが初期消火の対応ができるようにしておきたいものです。この機会に校内の非常階段や消火器の位置などを確認しておきましょう。